卒団式(6年生)

卒団式(6年生)

3/26(土)晴れ時々曇り

2015年度村上SC卒団式がふれあいプラザ2F大広間で行われました。

最初に今年度で代表を勇退し、来年から相談役になられる小林代表からの祝辞の後、代表から卒団生に卒団証書が入団順に授与されました。

その後、今年度のキャプテン(イノタク)と副キャプテン(ケイタ・トモヤ)から、来年度のキャプテン(コウヘイ)・副キャプテン(アキト・コウセイ)を指名。新キャプテンと副キャプテンが抱負を宣言。

その後、式が進み。ビデオ上映。卒団生の入団から最後の試合までを物語風に製作され、構成・映像が超ハイレベルで、動画も多く組み込まれ、50分の上映が非常に短く感じられましたし、大きな感動を頂きました。佐藤コーチ、高橋コーチ、ハヤトぱぱ、カナタたぱぱ、ありがとうございました。最後に皆でお弁当。

5年生の保護者の皆さん、卒団式の会場運営をありがとうございました。

午後に、卒団記念マッチを村上小で開催。卒団生、5年生、中学3OB、コーチ、保護者で楽しく行われました。

終了後、全員整列し大声で「1年間、応援ありがとうございました!!」

20160326① 20160326② 20160326③ 20160326④ 20160326⑤ 20160326⑥ 20160326⑦ 20160326⑧ 20160326⑨

足立区卒業記念大会(6年生)

足立区卒業記念大会(6年生)
3/21(月)くもり 都立舎人公園内舎人プレイグラウンド(8人制)

FC西新井ジュニア様のお招きで西新井 田中杯 卒業記念大会に参加してきました。
最初で最後の電車での遠征、23人全員でベンチに入り、久し振りのごちゃまぜチームでの対外試合となりました。

第一試合  美谷本FC  ×0-2
第二試合  梅一FC78  ×2-3 (シュン、トモヤ)

①最後の村上SCユニフォームで思い切りサッカーを楽しむ事!
②今まで身に着けてきた技術を思う存分発揮する事!
③千葉っぽい田舎臭さを出さない事!
④そして、今までいろいろとお世話してくれたお父さんお母さんに対して逞しくかっこ良く成長した姿を見せる事!

以上を目標にして欲しいとコーチからは伝えましたが、みんなピッチでもベンチでもプレーや声掛けなど精一杯頑張り楽しめていたと思います。
また、目標に対して自分のやれるプレーを積極的にやりきる気持ちを随所に見せてくれました。
忘れ物落し物だらけだった初めての合宿と比べ、初めての電車遠征でもきちんと団体行動ができていたとか、どんな相手や状況であってもサッカーに対してのリスペクトを持って試合を続けていたとか、
最後にとても素晴らしい挨拶で締めくくれたとか、今日一日でいろんな「成長」をみせてくれました。
今日でこのメンバーでのサッカーはひとまず終わりだけれど、これからもこの仲間を大切に、またいつでも村小にみんなで遊びに来てね。

サポーターの皆様、これまでの熱い声援と多大なご協力、深く感謝申し上げます。
皆様が楽しい雰囲気を作りながら温かく見守って下さったおかげで、選手たちはいつも明るく、仲間とチームの「和」を大事に思う事の出来る、とってもサッカーの好きな少年に成長してくれたと思います。
本当に有り難うございました。

20160321足立① 20160321足立④ 20160321足立③ 20160321足立②20160321足立⑤ 20160321足立⑥ 20160321足立⑭ 20160321足立⑬ 20160321足立⑫20160321足立⑦ 20160321足立⑪ 20160321足立⑩ 20160321足立⑨ 20160321足立⑧

千代田ライガー ジュニアサッカー大会(6年生)

千代田ライガー ジュニアサッカー大会(6年生)
3/20(日)晴れ、四街道総合公園 多目的運動場
ブルーとしては最後の大会。試合前のミーティングで一人一人が悔いのない、持てる力を出し切ろうと確認。そしてコーチの希望は予選を突破して、出来る限り長く君たちと試合をしたいことを伝えました。

第一試合 vs 千代田ライガーB ○3-0
相手チームは1勝をあげ、この試合で決勝をきめるべく波に乗るホームチーム。立ち上がりは押し込まれるもGKを中心にシッカリ守って、徐々に村上ペースなりチャンスを確実に決めて快勝。文句のない内容でした。

第二試合 vs FCウイングス ×0-3
決勝トーナメント進出は引き分けでも良い試合、ブルーとしては初めて逃げ切る試合でしたが、相性の悪い相手。前半にコーナーキックから押し込まれ失点すると、後半はあせりから自分達のプレーができなくななり、押し気味に進めるも試合終了。得失点差でリーグ2位。

2位フレンドリー vs 鷹SC ○2-0
気持ちの切り替えが必要な最後の大切な試合。相手チームは2週間前の酒々井町長杯で1-2で負けたチームで、全員が雪辱に燃える。開始から終了まで全員が「粘る、あきらめない」プレーができました。試合開始早々のカワタクのミドルシュートと、試合終了間際のリュウノスケのスーパーゴールで、ブルー最後の試合を締め括りました。ナイスゲーム。【優秀選手賞はカワタクが獲得】

今日は選手全員、持てる力を出し切ろうと頑張りましたし、決勝トーナメントに進出する手ごたえが選手・コーチ・サポーターにはありましたが、結果は自分達の思うようにはなりませんでした。ボールは丸く自分の思った通りにコントロールするのは難しい。このような経験の積み重ねが成長に繋がりるとコーチは思う。中学での活躍を期待しています。サポーターの皆さん、これまで熱い応援ありがとうございました。これからも、子供たちを温かく見守って下さい。

[最後にコーチから選手の皆にリスペクト]
子どもたちの成長を大切に思う。どんどん大人になっていく君たちにいつも驚かされる。
トレーニングや試合を積み重ねて、大きく育ってほしい。
大人になった君たちのプレーが楽しみだ。
サッカーは難しいからおもしろい。コーチは難しい。でも、大きな喜びを感じることができる。
どんどん進歩するサッカーと子供たちに追いつけるように勉強する。
子どもたちもひとりひとりりっぱな選手。これからもいいゲームをしようね。
君たちの精一杯の力を引き出すように、応援する。コーチ・サポーター皆がついているから安心して。

千代田① 千代田② 千代田③ 千代田④

酒々井町長杯(6年生)

酒々井町長杯(6年生)

3/6(日)曇り、酒々井町総合公園内球技場
ブルーとしては久しぶりの大会。レッドのコスモス杯と重なりいつものメンバーよりジュンキ・タカマサ・アキサトの3名が抜けたため5年生4名を含め13人で挑みました。
結果は2敗、内容も今ひとつでした。

1回戦   ×1-2 vs鷹SC  (得点:サトル)
敢闘戦   ×0-1 vsユーカリが丘SC

戦評
今日のテーマはいつもと同じく声と運動量では負けないこと・・・だったのですが前からのプレスも甘くいつもの激しさがありませんでした。一人一人はこの数ヶ月でうまくなっていますがチームとしてはまだまだうまいチームではありません。どんな相手にも全力を出し切ってこそ勝つことができるチームです。残念ながら今日はこの試合でやりきったという選手はいなかったです。
ブルーにはもう一つ大会が残っています。あと2週間しっかり準備して全員が全力を出し切って応援にきてくれたサポーターに気持ちが伝わる試合をしよう!
大会MVPはハヤト。サイドバックとして自信をもってプレーできるようになりました。以前は失敗するとプレーが消極的になってしまったけど最近はミスを恐れず全力プレーを続けています。この3ヶ月で大きく成長した一人です。
最後の大会も期待しています。コーチに「死力をつくした最高の試合だった」と言わせてほしい。選手たちにとって卒団はサッカー人生の第一歩であり、これからの厳しい道を切り開くためにも最後までチャレンジしてほしい。
それから、朝の挨拶・帰りの挨拶はブルーの持ち味。最後の大会、招いて頂いた感謝の気持ちが伝わるように、最高の挨拶で締め括りましょう。
最後に今日のサポーターの皆様には熱い応援ありがとうございました。次の大会に期待して下さい。

※5年生のコウヘイ、ユウヒ、レオ、Oトモキ
それぞれ自分のできる最高のプレーをみせてくれました。結果は残念でしたが来年度最終学年での活躍が楽しみです。今日の悔しい気持ちを忘れず練習して下さい。コウヘイ ユウヒについては助っ人というよりブルーのメンバーの一員としてたくさんの試合に出てくれました。ブルーが強くなったのも君たちの活躍のおかげです。このチームで経験した事を是非自分のチームに生かして下さい。

印西コスモス杯優勝(6年生)

印西コスモス杯優勝(6年生)
3/6(日)曇り、印西市本埜スポーツプラザ
レッド最後大会になる印西コスモス杯決勝トーナメント。選手全員が悔いを残さない試合をすることを誓い、勝利への気迫を前面にだし最後まで走り切り、優勝カップを獲得しました。最後の大会で「全員が力を出し切った最高の試合で掴んだ金メダル」まさに有終の美を飾りました。おめでとう!!

それではサポーターリポートです。今回はm.ヒロトくんのお父様の「戦評」です。
第一試合 vs エステレーラSC ○2-0 (得点:コウシ,シュンタロウ)
試合開始直後は、動きが固く相手に攻め込まれるも、11番コウシ君がフリーキックを相手Gkの位置をみてゴール上方にコントロールした見事なゴールを決める。
この一点でリズムに乗り、後半にも味方のヘディングで繋いだボールを10番シュンタロウ君がヘディングで2点目をあげる。
守りでの連携ミスから、危ない場面もあったが落ち着いて対処出来ていた。
終始、村上ペースで進んでいたゲームであった。

エステレーラ① エステレーラ② エステレーラ③

第2試合 vs ラビットキッカーズ ○0-0 <PK:4-2>
やや村上ペースで進み、ゴール前で決定的なチャンスを作る。その後も再三チャンスを作るが決めきれず、前半を終える。
後半開始直後もゴール前で得点チャンスを決めきれず。その後は、相手のペースで進み苦しい時間帯もあったが、ディフェンスがよく持ち持ちこたえスコアレスでPK戦に突入。
PK戦では、キッカーが冷静にコーナーに決める。KFC杯からGKトモヤ君が絶対に止めてくれる雰囲気があり、PK戦に入った時点で負けないという気持ちがあったのでキッカーは決め、キーパーは止めるという事が自然に出来たのではないか。

ラビット① ラビット② ラビット③ ラビット④

第3試合 vs 白井FC ○1-0 (コウシ)
相手も前の試合、PK戦で勝ち上がってきており勢いに乗るチーム同士の決勝戦。
開始直後にロングシュートが枠の中に飛ぶもGKトモヤ君が上手く弾き出し得点を許さず。
村上は、再三セットプレーから精度の高いボールを入れるが相手の粘りにあい得点を奪えず。相手のチャンスもあるが、ディフェンス陣が体を張り決定的チャンスを作らせず前半終了。
立ち上がり、相手の時間帯が続くも持ちこたえ徐々に村上もペースを作っていく。そして良い位置でのフリーキックから相手の高い壁にも関わらず正確なコントロールされたボールがポストをかすめ先制点を奪う。11番コウシ君のレベル高いFKであった。
その後、相手もプレスを強めるが自分達よりも体格に勝る相手にも関わらず早い体の寄せから競り負ける事なく無失点で抑えゲーム終了。

今回の3試合を通じて失点を0に抑え、ディフェンスの頑張りからリズムを作れたのではないか。
選手一人一人が、サボらずチームの為に動いており、村上SCのチームワークの良さを感じたナイスゲームだった。

白井① 白井② 白井③ 白井④ 白井⑤ 白井⑥

m.ヒロト君のお父様、玄人目線からの的確な戦評ありがとうございました。
そして、表彰式、皆の笑顔がまぶしい。これまでお世話になったサポータの皆さんに「選手の笑顔と感動」をプレゼントできました。「最高の試合、最高の笑顔」をありがとう!!で締め括ります。

表彰① 表彰②

船橋招待(6年生)

船橋招待(6年生)
2/27(土)晴れ、船橋市立芝山東小学校
今日は村上SCらしいサッカーができませんでした。対戦相手の勝利への気迫におされ、慌ててしまった感じでした。村上SCは常にチャレンジャーでなければ良いサッカーはできません。来週のレッド最後の大会に、今日の敗戦が活かされることを期待しています。
※イビチャ・オシム(日本代表元監督): 大事なのは今日の結果ではなく、子供達が明日どういうプレーをするかを楽しみにする気持ちを持つこと。
【試合結果】
①vs船橋イレブン ×1-4 (コウシ) ②vs芝山東FC ×1-2(シュン) 完敗です。

卒団まで1ケ月、村上SCの一員として戦える試合は少なくなってきました。選手皆が悔いを残さない試合ができることを、コーチ・サポーターは願っています。来週のレッド最後の大会で、コーチに「死力をつくした最高の試合だった」と言わせてほしい。選手たちにとって卒団はサッカー人生の第一歩であり、これからの厳しい道を切り開くためにも最後までチャレンジしてほしい。
それから、朝の挨拶・帰りの挨拶をもっと元気よく出来ないかなあ~。大会に招いて頂いた感謝の気持ちが伝わらないと思います。基本です。
最後に今日のサポーターの皆様には熱い応援ありがとうございました。

船橋① 船橋② 船橋③

KFC杯優勝!(6年生)

KFC杯(6年生レッド)
2/20(土)、21(日)、勝田台フットボールクラブ主催のKFC杯に参加しました。結果、大きなピッチでは4年ぶりとなる優勝を掴み取りました!
【予選リーグ】
2/20(土) 雨 八千代総合運動公園
①VS 中国分LWFC ○ 2-0 (ジュンキ2)
ここ数試合の中では一番集中して試合に入る事ができました。相手チームのキーマンをすぐに察知し、マークの確認(声かけ)、1対1での力強さ、積極的な飛び出しとフォローの動きで、常に試合のペースを握り、完勝です。

中国分
②VS チームスポルトやちよ △ 1-1 (コウシ)
いつものお相手。前回対戦では悔しい敗戦だったのでリベンジを誓い奮闘。 終了間際、アンラッキーな失点で引き分けましたが、村上らしさを存分に出せました。ナイスゲームでした。
その後、他チームの結果により、得失点差1位で決勝トーナメント進出が決定!

スポルト

【決勝トーナメント】
2/21(日) 晴 八千代総合グラウンド
①準々決勝 VS 宮野木SC ○ 0-0 (PK4-2)
前日に続き、初戦からの集中力が素晴らしかった。ポジションごとの役目を理解し、加えて積極的な攻めの意識が目を見張りました。試合内容が良く、PK戦も勝ち切れてとても価値ある1勝だったと思います。

宮野木01 宮野木02
②準決勝 VS 勝田台FC ○ 3-0 (タイチ、モヒロト、イタクマ)
前半は勝てばメダル確定のプレッシャーからか動きが固くピンチの連続・・・。それでもディフェンスとキーパーの安定した守りで何とか持ち直し3ゴールの勝利。

kfc01 kfc02 kfc03
③決勝 VS 大森SC ○ 1-0 (シュン)
準決勝の疲れも抜けきらないまま決勝のホイッスル、でも気持ちは入ってました。集中して積極的な前からの守備と、チャンスで人数をかける事を試合を通してやり抜きました。 大きなピンチもあったけど、全員の気迫のこもったプレーではね返し、見事優勝決定のホイッスル。
大森01 大森02 大森03 大森04 大森05
実は、今回優勝(4年ぶり!)が決まった瞬間、不思議とすごい感動はありませんでした。初日初戦からみんなのパフォーマンスが素晴らしかったので、どこか気持ちの中でこのまま勝ち進んでいくような気がしていたからかもしれません。
でも、ユウキは骨折、コウシはトレセン、まさかのシイタ重捻挫、と離脱メンバーが増えていった中でもチーム力が落ちずに決勝までやり続けたのはすごい事。たいしたものだと感じました。みんな逞しくなったよね!
今回はケガでプレーできなかったユウキ、シイタ。トレセンで初日だけの出場となったコウシ。ピッチに立ったメンバーに加え、練習後に応援に駆けつけてくれたブルーのメンバー。チーム23人全員が会場に訪れることができて、その全員の力でもぎ取った優勝だったと思います。そんなチームの「和」が君達の良さなんだとあらためて思い返して段々と感動が増してきました・・・!みんな優勝おめでとう!金メダルは全員に渡すからね!

応援
サポーターの皆様、今回も熱い応援と多大なご協力をありがとうございました。いつもいいところまで進んではいたもののタイトルは久しぶりです。でもそんな中でみんな少しずつでも確実に成長し続け、6年生のこの時期に優勝という形ではっきりと結果にする事ができました。選手達をたっぷり褒めてあげて下さい!
勝田台フットボールクラブの皆様、今回はお招き頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

表彰

KFC杯結果

印西コスモス杯_予選(6年生)

印西コスモス杯_予選(6年生)
2/11(祝)晴れ 印西市立木刈小学校
印西市サッカー協会主催の第24回印西コスモス杯の予選リーグに参加しました。結果は、苦しみながらも1位で決勝トーナメントに進出することができました。予選終了後のミーティングで、今日の試合の課題を話し合い、1ケ月間トレーニングで個々人が少しでもレベルアップし、3/6(日)の決勝トーナメントで優勝しようと選手・コーチで誓って締め括りました。サポーターの皆さん、今日も熱い応援とサポートありがとうございました。
それではサポーターリポートです。今回はシュンのお父様です。

印西コスモス杯に6年生13人選抜で参加しました。大会直前にDFの要ユウキが骨折のお知らせ(゚Д゚;) 、残念ですが早くグランドに戻れるといいですね。更にシュンタロウも脚を痛めてしまったみたいです、今日は試合に出れるかな?
試合前のミーテイングでは、選手達は少し緊張感が足りないような雰囲気、こんな時はいつも結果が思わしくないのですが今日はどうなることでしょうか?

【第1試合】 VS 桜台FC △0-0
怪我のユウキも応援に駆けつけてくれました。みんなの力でまずは1勝だ!。だけど選手みんなの動きが悪いというか積極性が足りない感じです。優位に試合を進め惜しいシーンも多かったのですがなかなかゴールが割れないまま前半終了。
ここで、シュンタロウはやはり脚の調子がイマイチのようで交代です。後半もやや押し気味に試合を進めるもスコアレスドロー・(>_<)。

【第2試合】 VS 布佐少年SC ○1-0 <得点:Mヒロト1>
1試合目を引き分けてしまいました。もうこの試合は勝つしかありません。ここに来て、やっとみんなのスイッチが入りました。全員で積極的に攻撃します。ほとんど相手のコートでプレーを進め、何本もシュートを放ちます、前半は残念ながら無得点でした。だけど、このまま攻め続ければなんとかなりそう!
後半も圧倒的に攻め続けます、だけど今日は本当にゴールが遠い・・・。ズルズルと時間が経過して、このまま引き分けてしまうのか不安になりましたが、選手達は全くあきらめていませんでした。キャプテンのイノタクの魂のこもったボール奪取からMヒロトに繋ぎシュート。念願の1点がやっと入りました V(○⌒∇⌒○) イエーイ。。そのまま最後まで攻め続け1-0で勝利です。

【第3試合】 VS 木刈FC ○7-1 <得点:カナタ1、Mヒロト1、タイチ1、コウシ1、イノタク2、シイタ1>
試合の前に既に予選突破は確定していましたが、1位になるには2点差以上で勝つことが必要です。今日はなかなか点が入らないので、少し心配していましたが、開始早々カナタのシュートで1点を取ると、選手みんなの勢いに火が着きます。圧倒的にボールを支配して攻めまくり前半はMヒロト、タイチの2点を追加して3-0で終了、いけるぞ!
後半は更に攻めまくって、終わってみれば7-1の大勝利。見事1位で予選突破できました。O(≧▽≦)O ワーイ♪。本戦でも頑張れ~!

さて、6年生は卒業まであと一カ月と少しになってしまいました。低学年の頃は、ボールを持ったら前に蹴るかやみくもにドリブルする位しかできませんでしたが、今では選手間の連携も深まり粘り強い守りと鋭い攻めを併せ持つ好チームになりました。
無心でボールを追いかける目はいつも輝いているし、ゴールの時のはじける笑顔、敗戦の時の悔し涙、相手とぶつかりそうになっても怖がらない勇気、どれも家では見せない姿でびっくりしますが、大人に変わりつつある子供たちの成長を感じることができました。
できることならいつまでもこのチームの成長を見守りたいのですが、残された時間と試合は僅かしかありません。今日、予選を突破できたので、その機会が少し増えました。 残りの試合も頑張って好成績を残してください、応援しています。

コスモス① コスモス② コスモス③

コスモス④ コスモス⑤ コスモス⑥

コスモス⑦ コスモス⑨コスモス⑧

八街市少年サッカー冬季大会(6年生)

八街市少年サッカー冬季大会(6年生:ブルー)
1/17(土)晴れ 八街市営榎戸サッカー場
八街市サッカー協会主催の八街市少年サッカー冬季大会に参加しました。今大会は最近ようやく普段の練習で使用し始めたばかりの5号球で行われました。結果は、惜しくも決勝トーナメントへの進出はなりませんでしたが、緊張感のある良い試合ができ、次こそ結果を残せると期待が膨らむ内容でした。サポーターの皆さんご協力ありがとうございました。今年も宜しくお願いします。また、八街サッカー協会の皆様招待頂きましてありがとうございました。
戦評ですがサポーターリポート好評につき、今年も継続することになりました。新年の初っ端は、ハヤトのお父様です。

【第1試合】vs 実住FC △ 0-0
前後半通して終始押され気味も、メンバー全員の必死の守りに加えゴールポストも味方にして何とか守り、後半にはフリーキックのスペシャリストリュウノスケからナイスボールでチャンスを作るも互いに決定機を作れずスコアレスドロー。実住FCは結局決勝まで進出し、PK戦により惜しくも準優勝となりましたが、Oコーチ並の長身センターバックを中心に攻守のバランスが取れており、優勝してもおかしくないチームでした。そのチームを無得点に抑え、さらにチャンスを作ることができたこのチーム、コーチもサポーターもビックリするほどの進化を遂げていると感じられた試合でした。

「第一試合の結果をふまえて第2試合前のミーティング」
Oコーチ「全員で守って攻めよう」,Iコーチ「サッカーを楽しんで」,Mコーチ「点を取って勝とう」
引き分け以上で2位通過、3点差以上の勝利で1位通過がかかった試合。コーチの言葉を胸に第2試合へ。

【第2試合】vs FCウィングス × 0-1
前半は第1試合同様やや劣勢の試合展開の中、ジュンキのおしいシュートもあり息詰まる攻防が続いていましたが、終了間際に相手コーナーキックからゴール前の攻防で失点。しかし後半が期待できる内容でした。後半は点を取りに猛攻を開始。両サイドバックのオーバーラップもありチャンスを作るも得点につながらず。ピンチも全員で凌ぎつつ攻め続けるがスコアは動かずそのまま終了。見ているサポーターとしては同点・逆転と思った非常に悔しい敗戦でしたが、一番悔しかったのは選手たちだったはず。1点の怖さを学んだ試合でした。結果、グループリーグ3位で5・6位決定戦へ。ここまで惜しいシーンはあったものの無得点なので、次の試合での得点に期待です。

【第3試合】vs MSアウルFC ○5-0
これまでの2試合のうっぷんを晴らすかのような爆発力!。前半にケイタが2得点、さらに3点目!と誰もが疑わなかったケイタのシュートは無人のゴールへ!!と思っていたらわずかに左にそれてハットトリックは幻に...。その後途中交代でベンチに戻ったケイタはどうしてもハットトリックを決めたかったようで非常に悔しがっていました。後半も勢いは止まらず、ジュンキ2得点・リュウノスケのゴールもあり、終わってみれば5-0の完勝!。最後の試合で最高の試合を魅せてくれた選手たちに感謝!。

全日程終了後に行われた表彰式で優秀選手賞が発表され、村上SCからは最終戦でともに2得点を挙げたジュンキとケイタが選ばれました。おめでとうジュンキ!おめでとうケイタ!
他のみんなも派手なプレーはなかったかもしれないけど、2人に負けないくらいの活躍で、優秀選手を選考した人達もすごく悩んだはず。みんな自信をもって次がんばろう!

当日は8時半受付に間に合うように現地入りし、表彰式終了後に現地を出発したのが17時過ぎというとても長い1日を振り返ると、朝一番の想定外のハプニングから始まり、某コーチと選手との体を張ったコミュニケーション(笑)による椅子の破壊や、それに伴う某コーチの土下座などサッカー以外でもいろいろありましたが、村少に戻りOコーチの一言で無事終了となりました。
「忘れ物と寝坊はしないように!!」心当たりがあるあなた、気をつけようね(笑)
選手のみんな・コーチ・役員・サポーターの皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

①20160117・IMG_1591  ③20160117・IMG_1306 ②20160117・IMG_1653④20160117・IMG_1877

大和田FC U-12交流会(6年生)

大和田FC U-12交流会(6年生:レッド)
1/16(土)晴れ 八千代市総合運動公園
大和田FCさま主催のU-12交流会に12名で参加しました。
久々の試合だったせいか、結果はともかく気持ちがモヤっとダラっとしてしまい新年初戦としての内容は少し物足りない感じでした。 反省しつつもパッと切り替えて次の大会は初戦からフルパワーで望める様がんばりましょう。
①矢切SC 1-0 (シュンタロウ)
②FC平田 0-0
③チームスポルトやちよ 1-0 (ジュンキ)
④FCボレイロ成田 0-2
⑤大和田FCアズーリ 2-1 (コウシ2)
(今日の反省と課題)
・ゲームに入る際、必ず自分なりに一つ以上の目標を持つ事
※目の前の1試合を大事にして、より成長する様に心掛けよう
・ポジションごとの役目を意識し、前後左右の味方と連動して攻め、守る事
※いろんなポジションを経験して、いろんなプレーが出来るようになろう
・ボールの受け方を工夫する事
※止まっていたり、隠れていたりするとボールは受けれない、常に考えながらプレーしよう
大和田FCさま、この度はお招き頂きありがとうございました。
サポーターの皆様、応援ありがとうございました。次回も宜しくお願い致します。

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 186
  • Total : 1028559

Powered by WordPress, ログイン