OB通信

7/30(火)村中3年生の中学校総合体育大会の熱い戦いが終わりました。

当然ながら村上SCのOBが多く、昨秋の新人戦での好成績から最後の大会も期待していました。結果は苦戦しながらも市内大会で16年ぶりに優勝し県大会に出場しました。

県大会でも快進撃は続き、16年前は1回戦PK負けでしたが、今回は見事にベスト8まで勝ち進みました。おめでとう!!(16年前に悔しい思いをした息子も祝福しています。)

最後の試合も第1シード校相手(昨秋新人戦県大会2回戦0-7で大敗)に粘りに粘りました。延長戦終了3分前に決勝点を決められましたが、素晴らしいピッチで立派な試合を見せました。元コーチとして誇りに思います。あらためて「最後の最後まで諦めない気持ち」を後輩の村上SC選手に伝えていきたいと思ったところです。

(村中ニュースの写真をみていると6年生KFC杯決勝でFC高津に終了間際にとられ0-1で負け、大泣きしていた皆を思い出しました。これでまた成長すると確信しました。)

これで3年生は引退です。選手の皆様、顧問の先生、サポーターの皆様、お疲れ様でした。皆様のこれからの益々のご活躍とご健勝を祈念して「カンパイ」。

【2013年 村中の熱い総体の軌跡】

市内大会 2回戦:東高津中7-0,準決勝:村上東中0-0(PK4-2),決勝:大和田中3-2(延長戦)

県大会 1回戦:新松戸南中3-0,2回戦:船橋中0-0(PK3-1),準々決勝:暁星国際中0-1(延長戦)

卒団式(6年生)

震災の影響で当初予定していたふれあいプラザが使用できなくなり、急遽、村上団地第一集会所に場所が変更となりましたが5、6年生のご父兄のご協力により無事、卒団式を終える事ができました。有難うございました。

恒例となった今年のスライドショーは、なんと30分の大作!! 20分はご父兄の小林さん作~残り10分は嶋田コーチの共作となりました。かわいくて小さい幼稚園時代からスタートしたスライドショーですが、優勝した2年生の読売杯、3年生のアプレンティス杯、村上杯、最後は6年生の印西コスモス杯まで子供達の成長を実感し、また合宿での楽しい思い出まで7年間を一気に振り返る事が出来、非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

卒団式の後は、村小に戻り子供達のワンプレーワンプレーを噛みしめるように眼で追い、本当に上手くなったナ~と思わず声に出してしまうほど成長した一人一人の子供のサッカーを間近で観る事が出来てコーチ陣は皆、満足だったと思います。また、外国に行ってしまう仲間のために集まった中3のOB達の団結力を羨ましく思い、今年の卒業生たちもいつまでも固いキズナで繋がっていてほしいと切に願うばかりです。

今日で、6年生は卒団し村上SCOBとなるわけですが、このグランドで培った体力、サッカーを通じて学んだ事、仲間との友情を一生の宝にし、これから訪れるであろう困難に立ち向かい夢をつかんで欲しいと思います。そして、悩んだ時に元気になれる場所として村上SCがある事を忘れないで下さい。コーチも皆と一緒にサッカーが出来た事はいい思い出となりました。中学校での活躍を本当に期待しています。卒団おめでとうございます。また、7年間有難うございました。

 

短縮版(9分程度)、アップロードしました。

ご卒業おめでとうございます!!

日本が戦後65年の中で経験した事のない、東北地方太平洋沖大地震。現在も大勢の行方不明の方、避難所で援助を待っていらっしゃる方がおり、今なお、収まらない余震、原発事故に脅える日々で、本当に想像を絶する光景に夢か現実かも区別がつかない状態が続いています。

本来であれば、ご父兄、大勢の全校生徒に祝福され見送られる小学校卒業式ですが、この非常事態に本日、市内の小学校でクラス単位の卒業式が実施されています。

3月に予定されていた卒業試合が中止となり子供たちにとっては我慢の日々ですが卒業にあたり、エールを送りたいと思います。今、世界中、日本各地で支援の輪が拡がっています。100か国以上が日本に対する支援を名乗り出ていただいているとも聞いています。日本が今まで、各国に無償支援をしてきたことがこうした支援に繋がっており日本なら必ずや復興すると強く期待されています。

是非、子供たちには1000年に一度の大地震に負ける事無く、困難に打ち勝つ事の出来る強い人になってもらいたいと思います。将来、必ずやこの経験が生きる時が来ると思いますし、明るく前を向いて生きて欲しいと願っています。

そして、いつか落ち着いたら皆と楽しくサッカーが出来る時が来ると信じています。

みんな卒業おめでとう。

2011年3月17日 小学校ご卒業にあたり。

最後に謹んでお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

船橋招待予選ラウンド(6年生)

3月5日(土)、船橋市行田西小学校にて、船橋招待の予選ブロックに参加しました。

3チームのブロック1位同士が戦って、決勝ラウンド進出を決めます。

村上レッドは見事決勝ラウンド進出となりました。

予選ブロック

三山FC戦

4-0
三山FCさんとの初戦。いつもながら、エンジンが掛からないかと心配していましたが、皆元気に戦って勝利しました。

行田西FC戦

3-0
会場チームの行田西FCさんと。
いつもの調子が出ずに、なんとなく村上らしくない展開でしたが、後半は攻めこんで、いつものペースを取り戻して勝ち上がり。

予選ブロック決勝

こてはし台SC戦

2-0
こてはし台SCさんとは、前回の習志野MSS杯でも辛酸をなめた経験があり、できれば決勝に進んでから、当たりたかったくらいでしたが、子供達はやる気満々でした。

内容も一進一退の中、どちらもベストを尽くして、見ごたえのある試合だったと思います。
結果は、ケンスケの中央突破による2点を得て、最後は勝利となりました。

予選から60チーム参加の大きな大会で、決勝ラウンド進出は10チームとなります。
この10チームに招待の14チームを加えて、決勝ラウンドのブロック予選・トーナメントと続きます。

実に74チーム参加の大きな大会です。

決勝ラウンドは、初日に船橋FCさん、大穴JSCさんに県外から鎌倉TCさんとのブロック戦から始まります。

力を出し切って頑張りましょう。

優勝 印西コスモス杯(6年生)

3月6日(日)、松山下公園にて、第19回印西コスモス杯の決勝トーナメント戦が開催されました。

レッドが参加して、見事、優勝しました。
これでこの大会は2連覇達成です。

準々決勝 ミナトSC戦

1-0

苦手の初戦は、鎌ヶ谷のミナトSCさん。
前半、サイドチェンジのスルーパスが通り、早い時間に先取点を取るも、後半は一進一退の攻守を続けました。
この一点を守りきってベスト4進出。

準決勝 印西FC戦

2戦目は地元印西FCさんと。
お昼ごはんを食べて、ちょっぴり眠さも出てきたのか、前半はいつもの調子が出ませんでした。何度かヒヤヒヤする場面もありましたが、後半は切り替えて、サイド・中央とスペースを活かしてゴールラッシュ。

決勝 エステレーラSC戦

3-2

エステレーラSCさんと決勝へ。
前半、コーナーキックからユウタが合わせて1点、その後エイジが素晴らしいフリーキックを決めリード。何度か攻めこみ計3点をとって後半戦へ。
守りに入ったところで、集中力を切らし、続けざまに2点返上。

昨年後半のあたりから、特にDF陣の成長が顕著で、今回も最終戦を除いて無失点の堅い守りを見せました。
大人用のフルピッチでの試合は、子供達は走らされて疲れたようですが、村上にはスペースが活かせて、かえって有利に展開が出来たようです。

今回、驚かされたのは、試合途中に中盤が押される展開となったとき、子供達が何か話し合っていて、ポジション修正を行って乗り切っていました。
考えるサッカーを皆でやっているんだなと感心しました。

念願の金メダルを手にして満面の笑顔でした。

おめでとう。

準優勝・3位・4位 よなもと杯(6年生)


2月27日(日)よなもと杯が行われました。

去年は大雪になり試合中中止になった大会でしたが今年は暖かい良い天気になりました。

この大会は5人制で3年生以来のミニゲームでの大会になります。

始めは11人制に慣れた子供達が楽しんでサッカーが出来るか心配でしたが、始まってみると全員がいつもより沢山ボールに

触れコーチの質問にも「楽しい!楽しい!」喜んでいました。各チームとも(3チーム)チームワークがまとまり3チーム揃って

予選リーグを1位通過と残り少ない試合の中で最高の結果になりました。

決勝リーグでは村上SCA対村上SCBとの対決が有り普段の練習でのミニゲーム以上の盛り上がりを観せてくれました。

(コーチ・父兄共々)決勝戦は村上SCB対八千代ゴールデン・3位決定戦村は上SCA対村上SCCと4チームの中に村上SCが

3チームと最後の最後まで楽しませてもらいました。

最後まで頑張った子供達!これからもサッカーを楽しんでね・・・

準優勝KFC杯(6年生)

レッドは、2/19(土)・2/20(日)萱田グラウンドで、KFC杯に参加しました。

2/19(土)予選トーナメント

夏見FCさん、成田SSSさんとの予選トーナメント。

夏見FCさんとは、2点先制しながら、後半メンバー交代からのポジションの隙間に相手FWが飛び込み、これを止めたDFがファールで、PKにて1点返上。
2-1

成田SSSさんとは、中央突破・サイド攻撃・中盤からのパスなど効果的に攻め上げ、DF陣も得点。
5-0

見事ブロック1位通過。

2/20(日) の決勝トーナメントに進みました。

準々決勝 VS.FC高津B

3-0

前半、中盤でのボールの奪い合いから、サイド突破による先制点。その後2点を加えて、後半戦はFC高津Bさんの堅守に追加点なし。

準決勝 VS.北習志野FC

0-0(PK4-2)

11月に練習試合をしていただいた北習志野FCさんとの試合は、当初しっかりとした守備から、攻めどころが見いだせず、逆に押される場面も見られました。

今回は、ディフェンス陣の出来が素晴らしく、しっかりと守り切る強さが見えました。

お互いが攻め合いながら、無得点で迎えたPK戦。
4-2でなんとか勝ち上がりました。

決勝 VS.FC高津A

0-1

決勝は、FC高津Aさんと。
6年間のライバル(片思い?)との試合に、絶対勝つぞと気持ちも入りましたが、中盤でのせめぎ合いに、徐々にトップも下がり気味となり、何度か訪れたチャンスも残念ながら得点とならず、逆にゴール前を何度かおびやかされました。

今回のバック陣は気合も入っており、しっかりと跳ね返し、簡単にはゴールを割らせませんでしたが、後半戦、メンバーチェンジによる、ちょっとしたポジションのズレから先制点を許しました。

その後も攻め合いながら、双方ゴールならずに、結果惜しくも0-1にて敗退。

善戦したと思います。

これから、まだコスモス杯決勝や船橋招待も続きます。

力を付けているチームの仲間を信じて、最後まで頑張ってください。

千代田ジュニアサッカー(6年生)

2/19(土) 四街道総合公園グランドで千代田Jrサッカー大会に参加してきました。

第1試合 VS HAMANO JFC

0−2

試合開始直後は、皆が最も苦手な朝9:00スタートのため、ボール・ウオッチャー続出の不安な立ち上がり。2列目の相手長身MFにボールが集まり始めるが、ボールへの寄せ、ボール際の競合いに消極的となってしまい、フリーな状態となり失点。逆に、相手MFの寄せが早く、中盤から前線へのパスミスを連発。後半は運動量が序々に落ち、シュートチャンスをつくれずタイムアウト。悔しい試合内容となりました。

第2試合 VS 志津FC

0−3

サイド攻撃を得意とするチームで、SBが引っ張り出される試合展開となり、空いたスペースを有効的に使われ、当初は互角と思われた相手でしたが、途中、ポジションチェンジで修正をするも同じパターンの失点を繰り返してしまいました。2試合目は、パスが繋がり、何度か得点のチャンスがありましたが、相手GKの好セーブに阻まれ得点に至りませんでした。疲れた時間帯に、何処まで踏ん張れるか、凌げるのかも勝利の分かれ目です。でも、皆の何とか得点に繋げたいという気持ちが強く感じられ、非常にうれしく感じました。

残り少ない6年生の試合ですので、最終的には皆が考え、相手のフットボールに対し自分達のフットボールが出来ればそれで良いと思います。スケジュールでは、参加する試合数によって変わりますが最大5日が村小での練習です。今回の試合で、出来なかった部分を反省し、残りの練習に取り組んで下さい。また、自分の中にイメージを作る事も非常に大事です。大会に参加した際に、自分達の待ち時間に別のチームの試合を観戦する、Jリーグの試合を観戦する、海外リーグの試合をTV観戦する、フットボール教本を読む事でイメージが出来上がっていきます。それを練習で試し、試合に繋げていく。自分の得意なプレーと不得意なプレーを意識する事で一人一人違った練習メニューがあると思います。進学をすると、個人で考え練習していく姿勢が今以上に、必要となります。残り僅かですが、そんな事を伝えていきたいと思っています。

また、昨年、ヤシキコーチが皆に残してくれた練習でマスターしてほしい5項目を改めて記載します。

1.ルック・アラウンド(周囲を良く見る!)     ≪Look Around≫  

2.シンク・ビフォア(ボールが来る前に考える!)  ≪Think Before≫ 

3. オールウエイズ・ムービング( 常に動 く!) ≪Always Moving≫ 

4.ミート・ザ・ボール(相手より先にボールにさわる!) ≪Meet the Ball≫ 

5.パス・アンド・ムーヴ(けったら、走る!)  ≪Pass & Move≫ 

みんな、どこまでマスター出来ましたか? この5項目は、サッカーの基本です。進学後も忘れないで下さいネ!

2/27は米本ミニサッカー大会です。久々の5人制ミニサッカーです。楽しんで下さい。

今日は、仕事明けで寝ずに会場に駆けつけていただいた皆の大好きな高野コーチとの集合写真です。いつも有難うございます。

スポルト杯予選リーグ(6年生)

2月13日(日)第5回スポルトカップ(U−12)が行われました。
今回は八千代ゴールデン杯に続き、チームを、村上中に進む選手が集まるAチームと村上東中ならびに他の中学に進む選手が集まるBチームとに分けました

Aチームは、和気あいあいの中、第1試合;対ソレイユ明青A戦では、まだ水たまりのグラウンドの中、倒れて泥だらけになったり、水を吸って重くなった5号球に悪戦苦闘しながら、6;1で勝利。
続く対米本FC戦では、若干乾いてきたグラウンドで、パスもつなげながら、10:0で勝利。普段はバックの選手も積極的に攻撃参加して、ゴールを決めました。
見事ブロック1位通過です。

全員が、頑張って勝ち取った結果です。
皆の笑顔が、寒い冬の陽気の中、とても光っていました。

Bチームは今回勝ちを意識し過ぎたり点を取られる事を恐れたりせず、何点取られても良いから全員で点を取りに行く試合を目標に話しました。
点を取られるのも全員!点を取るのも全員!

1試合目の対KFC戦は、1点先制されながらも、落ち込む事なく、全員で点を取りに行く姿が格好良かった!
1点取り、その後2点取られても諦めない姿勢…
試合終了間際に、1点を返しましたが、2−3と惜しくも負けてしまいました。
2試合目の対ソレイユ明青B戦!またしても、1点先行されましたが、後半4点を取って、4−2と逆転勝利!
結果、2位通過をしました。
選手も残り少ない試合を楽しめました。

いつまでもみんなのサッカーを観ていたいし一緒にサッカーやりたいけど、残すところ、あと1ヶ月半ですね。淋しいけど今後のみんなの成長が楽しみです。

対戦チームの皆様、ありがとうございました。

印西コスモス杯(6年生)ブロック予選

2月6日(日)、印西市木刈小学校にて印西コスモス杯のブロック予選が行われました。
計3試合、全勝にて決勝トーナメント進出となりました。

対 桜台FC

1:0

初戦ということもあり、押しながらも、好守に阻まれ、なかなか点が取れない状況で、相手ディフェンスのファールから敵陣中盤でフリーキック。
これをエイジが素晴らしいキックでGOAL!

対 エステレーラSC

6:0

2試合目で、調子も出てきた様子。
相手チームのCBは長身だったので、両サイドからの切り崩しからスタート、前半4点のゴールラッシュ。
後半も、諦めずに好守を続ける相手に、2点の追加で2勝目。

対 木刈FC

3:0

ホームチームとの一戦。
前半2点を先制し、後半は1点追加。
サイドやフィールド全体のスペースを活かすよりは、中央からの突破が目立つ。

レッドチームとしての試合は約1ヶ月ぶりでしたが、すぐにフィットして、いつもの村上らしさが出ていたと思います。
来週からも試合が続きますが、このメンバーで、一緒に戦えるのは、あとわずかです。
しっかりと頑張ってください。

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 248
  • Total : 1028366

Powered by WordPress, ログイン