千代田ライガーSC招待サッカー大会(2年生)

2016/3/21(月・祝)四街道市立八木原小学校にて第55回千代田ライガーSC招待サッカー大会が行われました。
2年生7名(助っ人1年生1名)の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15)

・参加選手
イツキ、ケンシン、ケンスケ、ショウタロウ、ナルミツ、リヒト、レオ、マサタカ

【予選リーグ】
①vs 蘇我SC
0 – 3

②vs FC BONDS
1 – 1
レオ

【3位トーナメント】
1回戦
vs FCウィングス
0 – 4

順位決定戦
vs 千葉北FC(緑)
0 – 3

この大会は、二年生最後の大会となりました。ケンシン、ケンスケ、レオ、ショウタロウ、ナルミツ、リヒト、イツキ、助っ人のマサタカで戦いました。

結果は、三位リーグの四位でした。村上のスタイルであるドリブル突破はみんな頑張ったと思います。
ただ一つ課題は、シュートです。シュートを打つ気持ち、ゴールを狙う気持ちをもっと持とう!攻める時も、守る時もゴールの前を意識しよう!
ケンシンのフリーキックからレオが技ありのシュート!かっこよくて、しびれました。
今回の相手は、パスサッカースタイルのチームでした。こんな時は、プレスを早く強くするといいと思います。

全試合終ったあとのミーティングで、2年生になってからできるようになったことを聞きました。
「強いシュートが打てるようになった」「キーパーで前に出られるようになった」「ドリブルで攻めれるようになった」「試合中にフェイントができるようになった」「強いプレスができるようになった」
聞ききれないくらいみんな手をあげて言ってくれました。
逆に今できないことも聞きました。こちらもたくさん言ってくれました。
3年生の1年間もいっぱい練習して、できないことを減らして、できることたくさん増やそうね!

P_20160321_142658 P_20160321_142700 P_20160321_142705

P_20160321_142716 P_20160321_142720 P_20160321_142723
レオ、ショウタロウのPK大会はかっこよかった。とても緊張したと思うけど、コース・強さともすばらしかったです。自信を持っていいよ。応援の声もよかったね。

最後にサポーターのみなさん、今年度も応援・ご協力誠にありがとうございました。
来年度も引き続きよろしくお願いします。

つくし野杯(2年生)

2016/3/12(土)我孫子市立根戸小学校
にて第9回つくし野杯ミニサッカー大会
が行われました。
2年生13名の選手が参加しました。
試合形式は5人制(8-1-8)

・参加選手
イツキ、オウキ、オウタロウ、カズマ、ケンシン、ケンスケ、コタロウ、ショウタロウ、ソウゴ、ユウタ、ユウリ、リヒト、レオ

P_20160312_083050

①vs 初石SSC
3 – 2
リヒト、ユウリ、ケンシン

②vs 柏SSS
0 – 2

③vs つくし野(A)
1 – 5
ユウリ

④vs 三小キッカーズ
0 – 5

開会式から1試合目の開始まで2時間あいだがあいていたので、みんなで対戦相手の試合を偵察(ていさつ)に行きました。
「3番がドリブルうまい」「プレスが弱い」「キックばっかり」「トラップがうまい」「浮き球の対応がうまい」「パスが多いチーム」など対戦相手チームの試合を分析してくれました。みんな、自分たち以外の試合も見れるようになってきたね。

はじめのミーティングで「みんなの本気の全力を見せてほしい」という話をして、1試合目のメンバー発表をしました。5人制の試合で13人参加なので、前半5人、後半5人、ベンチ3人。ひとりひとりにチャレンジしてほしいことをつたえて1試合目にのぞみました。

全力のプレス、全力の声出し、すごかったね!
前半1-2で、後半1点入れて追いついたけど、お互いにゆずらない攻防でこのまま引き分けかという場面でもベンチからの応援がやむことがありませんでした。そして、けんしんの決勝ゴール!
13人全員での勝利でした。

2試合目は集中がとぎれて、ベンチからの声も少なくなってきていました。

3試合目、偵察(ていさつ)で1番強いと思ったチーム。相手3番の選手、うまかったね。
うまい選手に1人でプレスに行って、他のみんなは引いてまってるシーンが多かったです。1人のプレスでかなわない相手にどうしたらいいか考えてみようね。
フィールドに出ている選手たちは全力本気でサッカーしていたと思います。
しかしベンチからの声はほぼ聞こえなくなってしまいました。

あきちゃったかな?1試合目でがんばって声だしたから、3試合目はどうでもいいかな?
コーチに言われないから声出さなくていいかな?

自分たちのチームのためにできることをやろうよ。
ベンチもふくめてチーム全員がサッカーに集中しないと「みんなの全力」は出せないよ。

気合いを入れなおした4試合目。
結果は負けてしまったけど、フィールド内、ベンチともに本気の全力を出してくれたと思います。

技術的には、プレスを受けながらのドリブルシュートを決められるようになればもっと点が入れられるようになりそうだね。
ドリブルはボールと自分のあいだに相手の体を入れられないように背中や肩でブロックしよう。
シュートはちょっとでもいいからゴールを見て狙った場所に打とう。
練習の1対1、ミニゲームでも意識してプレーしようね。

来週の試合は2年生最後の大会です。全試合・全力・本気でサッカーしよう!

サポーターの皆様、本日もご協力・応援ありがとうございました。

ゼンニチカップ争奪サッカー大会(2年生)

2015/12/20(日)鎌ヶ谷市陸上競技場にて第20回ゼンニチカップ争奪サッカー大会が行われました。
2年生13名の選手が参加しました。
試合形式は5人制(8-2-8)

■村上A(イツキ、ケンスケ、コタロウ、ショウタロウ、ソウゴ、レオ)
【予選リーグ 22ブロック】
①vs 木刈SC B
2 – 2
レオ2

②vs 湖北台クラブ
0 – 6

DSC_0039 DSC_0042 DSC_0067 DSC_0069

昨日の試合は「サッカーをおもいっきり楽しむ!」がテーマだったけど、子どもたちはプレー面、応援の面で達成してくれたと思います。
特に1試合目は全員ガッツリファイト出来ていてかなり良かったです!

■村上B(オウタロウ、カケル、カズマ、ケンシン、ユウタ、ユウリ、リヒト)
【予選リーグ 12ブロック】
①vs 新松戸SC A
3 – 5
ユウリ2、ケンシン

②vs 曽谷SC
6 – 0
ケンシン4、ユウリ2

DSC_0013 DSC_0015 DSC_0045 DSC_0051

グラウンドがドロドロで走りにくい中、みんな一生懸命に走っていました。
声だし、マーク、ダッシュ、シュート、みんながすべてを全力でやっていたと思います。

今回は今年最後の試合ということでいつも応援に来てくれているパパからコメントをいただきました。

~しょうたろうパパから~
●AチームもBチームも「みんなで攻めて、みんなで守る」ことができていてすばらしかったです。
●ミーティングのときのコーチのお話を聞く姿勢が、この1年間でみんなずいぶん立派になったと思います。

~ゆうたパパから~
今年さいごの試合、ゲームの前のミーティングでは、コーチからは、今日のもくひょうは

1.さいしょのゲームからドンドンせめる
2.いっぱい楽しむ
3.いろんなキングを決めるよ

とのお話がありました。

ゲームになると、みんないっしょうけんめい走り、体をはったディフェンス、色んなわざを使ったドリブル、声出し、強いシュート、ドンドンがんばってました。
残念ながら決勝トーナメントには進めませんでしたが、みんなすご~くがんばってたし、色んなプレーで、みんなが一年間ですご~く上手になったのがすご~く伝わったので、応援のパパ・ママたちは、みんなとてもうれしかったと思います。

ちなみにゆうたパパが一番うれしかったのは、Bチームの2試合目の時の、Aチームのみんなが応援をがんばったこと。

「むーらーかーみ もう一点!」「むーらーかーみ もう一点!」 もりあがったね~!
きっとプレーしているBチームのみんなも楽しかったんじゃないかな?

来年もたくさん練習して、たくさん応援もして、たくさんサッカーを楽しみましょう!!

~~
みんなが元気に楽しくサッカーをやってるところを見ることがパパ・ママはうれしいです。
来年も練習・試合とも元気に楽しく全力でサッカーしましょう!

最後に
サポーターの皆様、本年も応援・サポート、誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

四街道市チャリティ・ミニサッカー大会(2年生)

2015/12/12(日)四街道総合公園グラウンドにて第20回四街道市チャリティ・ミニサッカー大会が行われました。
2年生10名、1年生2名。計12名の選手が参加しました。
試合形式は6人制(7-1-7)

■村上A(カケル、ケンシン、ホウセイ、ユウタ、レオ、ユウセイ)
【予選リーグ Dブロック】
①vs みつわ台南SC
1 – 1
ケンシン

②vs FCボレイロ成田 バルサ
0 – 13

【フレンドリーマッチ】
③vs 蘇我SC
0 – 2

0536_xlarge 0538_xlarge 0577_xlarge 0489_xlarge

風邪引き、体調不良で一年生に助っ人をお願いして、ギリギリ6人で挑んだ大会でした。
毎度のような試合展開でした。

翌週は2学期最後の大会です。
本当に勝ち負けは度外視して、原点である「サッカーを仲間と楽しむ!!」
をテーマにやって行きたいと思います。

助っ人くんのゆうせい、2年生の中でも本当に物怖じせずコート狭しと走り回ってビックリしましたー!これからがとても楽しみですね!

■村上B(イツキ、オウタロウ、カズマ、ケンスケ、ショウタロウ、マサタカ)
【予選リーグ Gブロック】
①vs 都賀ライオンズ
0 – 1

②vs こてはし台SC
0 – 2

【フレンドリーマッチ】
③vs レグルスFC ブルー
1 – 2
マサタカ

0485_xlarge 0501_xlarge 0505_xlarge 0568_xlarge

先週のアプレンティス杯と同じように1試合目で力が出しきれてなかったね。

ボールがころがって相手にいきそうかなという場面で、そこに一番近い村上SCの選手が、相手がトラップしてドリブルをはじめるまで待ってるシーンがありました。
練習でやってる5つのゴールの1対1を思い出してみて。みんな、自分のボールにしようとコーチがボールを出した瞬間にダッシュするよね。それができていませんでした。
コーチたちがよく言う「先にボールにさわる」ということをいつも忘れずに。

1試合目の負けをひきずって、ちょっと元気と自信をなくしてしまったかな。
元気がなくなったら声を出そう!声をかけあおう!
自信がなくなったら自分のいいところを思い出してやってみよう!

みんなに、自分のいいところや仲間のいいところを聞いたら
ボールにダッシュが速い、ドリブル、声かけ、ディフェンス、まわりを見る…など
たくさん出てきました。
それを自分で忘れずに、自信をもって元気にやってみよう!

来週日曜日の大会で秋の大会シーズンは終わりです。
みんな力を出し切って、気持ちよく終わろうね!

最後に
助っ人に来てくれた1年生どうもありがとう!ふたりともナイスプレーだったよ!
サポーターの皆様、本日も応援誠にありがとうございました。

アプレンティス杯(2年生)

2015/12/06(日)淑徳大学更科グラウンドにてアプレンティス杯が行われました。
2年生10名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(10-2-10)

・参加選手
イツキ、オウタロウ、カズマ、ケンシン、ケンスケ、ショウタロウ、ホウセイ、ユウタ、ユウリ、レオ

【予選リーグ】
①vs ポカルス
0 – 3

②vs 東習志野
0 – 2

【フレンドリーマッチ】
③vs ジョカーレ
1 – 4
ケンシン

DSCF2915 DSCF2918

1試合目、とにかく元気がなかったね。声かけがない、全力で走ってない。
声かけする言葉はむずかしくないよ。味方スローインなら「ヘイ!」、相手スローインなら「マーク!」、点入れられちゃったら「ドンマイ!」。
練習のミニゲームなら「あがってあがって」「ゴール前!」「まわり見ろよ!」「おれ、ける!おれ、ける!」コーチにいわれなくても声だしてるよね。
負けたとしてもつかれたとしても、元気に全力で走ってたのしいサッカーがいいよね。
 ・選手、コーチ、お父さんお母さん、だれの声もきこえない試合
 ・コーチの指示とお父さんお母さんの応援だけがきこえる試合
 ・選手、コーチ、お父さんお母さん、みんながもりあがっている試合
どれが元気でたのしいサッカーかな?

それと走りについて。相手選手のドリブルvs村上SC選手の走り。
いつものみんなのダッシュなら追いぬけるはずなのに、相手のうしろを相手と同じぐらいのスピードでマラソン大会みたいな走り方じゃ追いつけないよ。
ピンチはダッシュ!マラソン走りじゃなくて、50mのスタートダッシュで!
あと、追いつけないなと思ったら走るのをやめてキーパーにまかせちゃってたね。それじゃキーパーがかわいそうだよ。
うしろから足音がするだけでも相手はシュートミスしやすくなるから、最後まで追いかけよう。

2試合目、3試合目だんだん元気が出てきました。
イツキ、ホウセイの気合いよかったです。自分のことだけじゃなくまわりも見て「マーク!」「みんなで攻めるよ!」など言えるようになるともっといいね。
オウタロウ、ケンスケのチャンスのときのダッシュよかったです。続けていれば得点にむすびつくからしつこく続けていこうね。
カズマ、ピンチを何度も救ってくれました。ボールをとったあと、ドリブルで進めるようになるともっといいね。
ケンシン、ショウタロウ、ユウリ、レオ、ドリブルでの攻めよかったです。でも、取り返される場面も多かったね。
おにごっこでつかまらない方法や5つのゴールの練習でのだましが使えるんじゃないかな?チャレンジしてみようね。
ユウタ、キーパーで相手との1対1からのシュートを何回も防いでくれました。

来週の土曜日も試合です。1試合目から全力で行こうね!

サポーターの皆様、秋の試合ラッシュも終盤戦となってきました。引き続き応援よろしくお願いします。

こてはし杯(2年生)

2015/11/22(日)こてはし台中学校にて第26回こてはし台ガーデンフットボール大会が行われました。
2年生14名の選手が参加しました。
試合形式は6人制(予選リーグ:12分1本、決勝トーナメント:7-1-7)

■村上A(イツキ、オウキ、カズシ、カズマ、ケンスケ、リヒト、レオ)
【予選リーグ Fブロック】
①vs ユーカリが丘SC B
0 – 3

②vs HAMANO JFC
1 – 2
レオ

③vs 市原ユナイテッド
5 – 0
レオ、オウキ2、リヒト、ケンスケ

グループ2位通過
【決勝トーナメント】
④vs 北貝塚FC
1 – 3
レオ

DSC_0109 DSC_0110

1勝2敗だったものの、1チームが途中棄権したため、決勝トーナメントに進めました。
予選3試合目と決勝の一回戦がよい内容でした。
いつき、試合前の気持ちの入れ替えが一番出来ていたように思います。コートの隅々まで走り回り、とてもパワフルでした!
体育館サッカーも毎週来て頑張ってるのもコーチはよーく知ってます!あの奇跡??のヘディングシュートは見ていた皆さんの記憶に深く刻みこまれたことでしょう。

みんなよく頑張ってましたが、やはり最初の方の試合の入りかたが今回もイマイチでしたね。
みんなで攻める、守るを日々の練習で楽しみながら追及して行きましょう!

■村上B(カケル、ケンシン、コタロウ、ショウタロウ、ソウゴ、ホウセイ、ユウリ)
【予選リーグ Aブロック】
①vs レグルスFC
2 – 1
ユウリ、ケンシン

②vs こてはし台SC
2 – 2
ホウセイ、ショウタロウ

③vs 牛久FC
0 – 6

DSC_0085 DSC_0098

予選3位でした。そして、僅差でワイルドカードに届かず。
ホウセイの強い気持ちがみんなに伝わりました。ホウセイの「怒りのドリブル、怒りのシュート」を見習おう。
カケルのナイスセーブも光った!。
村上SCのドリブル、プレスの速さをもっとみがけば、もっともっと強くなれます。
みんなで、アイデアを出して話し合いする姿が少し増えてきました。
自分達で考えるチームは、楽しくて強いチームになれます。

最後にサポーターの皆様、本日も応援誠にありがとうございました。

キッカーズ杯(2年生)

2015/11/03(火・祝)八千代台西グラウンドにて第15回キッカーズ杯が行われました。
2年生14名の選手が参加しました。
試合形式は5人制(15分1本)

■村上ブルー(オウキ、オウタロウ、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、ユウタ、リヒト)
【予選リーグ】
①vs エスフェローザ八千代
1 – 2
オウキ

②vs ソレイユ明青
1 – 6
オウキ

DSC_0048 DSC_0053

結果は負けだったけど、2試合ともみんな最後まで全力で走っていました。

試合のあと、ファウルが多くてイヤだったという意見がありました。
たしかに相手ファウルは多かったけど、わざとファウルでつぶそうという悪いファウルじゃなくて、
「ドリブルで行くぞ!と思ったら正面に村上SC(ユウタ)がいてたおしちゃった」
「村上SC(ショウタロウ)がはやいドリブルしてきた!体入れて止めなきゃ。あっ、たおしちゃった」
という、相手もこちらもがんばった結果だよ。
「ファウルされたから負けた」じゃなくて「ファウルされても勝った」にするにはどうしたらいいと思う?
・正面でぶつかっても負けないように足腰を強くする
・正面でぶつからず、うまく体を入れてボールをとれるようになる
・ドリブル中、相手がむかってくることを感じて、スッとよけれるようになる
・あたってもたおれないボディバランスを身につける
いろんなことが考えられるね。
「サッカーがうまい」というのはシュートやドリブルがうまいだけじゃなく、体の強さ・体の使い方のうまさも重要だよ。
プロのプレーを見たり、ふだんの練習で身につけていきましょう!

オウキ、フリーキックすごかったね。強さ・コースともかんぺきでした。
リヒト、相手チャンスをすごいたくさん止めていました。ボールへの反応すばらしいです。
ユウタ、ゴールキーパーのとき、声かけ、待ってる間ボールから目をそらさない集中力、キャッチのしかた、前に出る勇気、すばらしかったです。
ショウタロウ、ドリブルとっぱ、声かけよかったです。
ケンスケ、チャンスボールへの反応とダッシュはやかったです。
ソウゴ、トラップうまくなったね。次はドリブルだ!
オウタロウ、ダッシュの速さをいかしてボールに近づけるようになってきたね。次はシュートだ!

みんなうまくなってきています。だから、試合に負けるとくやしいよね。
試合で勝つためにも、サッカーがうまくなるためにも、練習がんばりましょう!

■村上レッド(イツキ、カケル、カズマ、ケンシン、ホウセイ、ユウリ、レオ)
【予選リーグ】
①vs FC MIYAMA EAST
1 – 6
ケンシン

②vs 大和田FCセレソン
4 – 5
ケンシン2、ホウセイ2

DSC_0040 DSC_0041

1試合目
試合開始から堅さがみられ、良いときのプレス、マーク、声かけも弱くバタバタと失点を重ねてしまいましたが、途中出場のほうせいによるエンジン全開のプレッシャー、ドリブルに引っ張られてようやく終盤になってよくなりましたが、時すでに遅し。。。

2試合目
市内及び近隣でも屈指の常勝チームにどう立ち向かうか?
なんて思ってるといきなりけんしんの左足が一閃!!村上先制!!そのあとは、、、

ウォー!アー!イケー!!ガンバレー!
スゲー!ヨッシャー!オシイー!ナイスファイトー!!。。。

ベンチ、応援団も大興奮の15分でしたね!ベテランのOコーチをもって「感動した」といわしめた素晴らしく見応えのある試合でした。
最後まで切れなかったプレス、集中してできたマーク、積極的なシュート、ドリブル、そして仲間同士の声かけ、局面でのボールの取り合いも身体をぶつけて絶対負けないぞという気持ちがビシビシ伝わってきて迫力満点でした。
決勝ゴールを決めた相手エース、全てにおいてすごかったね!!素直に思いました。

1試合目は全体的にポワーンとしたままでしたが、2試合目のこの変貌ぶり、、何だったのでしょうか??
試合後、帰り支度間際まで子供同士でじゃれあう姿は今回も参加全チーム中NO.1でした。

激闘のあとチームの皆が相手ベンチへのあいさつの前に応援団の方へ行って何やらやっていました。
あとから父兄さんに聞くと、全員で自発的に「おうえんありがとうございました」といいにきたそうです。

勝ち負けよりも大切な事、、、
2年生の子供たちには村上SCのスタイルが
しっかりと浸透してきています。。。

ナイスゲーム!!

最後に
サポーターの皆様、本日も熱い誠に応援ありがとうございました。

読売杯(2年生)

2015/10/25(日)成田市中台運動公園にて第22回読売新聞東京本社杯少年サッカー大会が行われました。
2年生12名の選手が参加しました。
試合形式は6人制(8分1本)

■村上A(オウタロウ、カズマ、ショウタロウ、ホウセイ、ユウリ、リヒト)
【1次予選リーグ】
①vs 成田FC
2 – 0
ユウリ、ユウリ

②vs FCあさひ
1 – 0
ホウセイ

③vs 水郷SSS
1 – 1
リヒト

④vs 千代田ライガー
0 – 1

【1次予選2位リーグ】
⑤vs 白銀T-REX
0 – 0

⑥vs 七栄FC
0 – 4

【1次予選2位・2次予選3位リーグ】
⑦vs 成田SSS スペード
1 – 0
ユウリ

⑧vs 光J.Eggs FC ギラギラ
0 – 1

s-DSCF2813s-DSCF2833

1日で8試合の長丁場ということで、「最後まで元気に楽しくサッカーしよう」を心がけて大会にのぞみました。
早朝の集合、クルマでの移動、大会での緊張、などコーチは気にしていたのですが、選手たちはにこにこ笑顔でピッチに入っていきました。

今日はみんなのいいところがたくさん出てたね。
相手ドリブルがはじまりそうなピンチの直前。すぐに気づいて、まずリヒトやカズマが当たりにいって、相手をおくらせてくれました。
相手ドリブルがはじまってしまって攻めこまれそうな場面では、ホウセイやオウタロウが足の速さをいかして追いつき、相手に当たっていってくれました。
相手の攻撃をおくらせたあとはみんなでボールをうばいに行きます。そのとき、ユウリやショウタロウはまわりを見て、パスコースやシュートコースをふさいだり、次の攻撃にそなえたり、バランスを考えてうごいてくれました。

今日は全員がかなり長いドリブルをして、シュートまで行くことができてたね。
誰かがドリブルで攻めこんでいるときに、ゴール前に走りこむ選手がいたり、うしろからついていってフォローする選手がいたり、みんながいろいろと考えてうごいていました。
ただ、シュートはたくさん打てたけど相手キーパーにとられる場面も多かったです。キーパーがとれないところへシュートすることができればもっといっぱい点がとれるよ。練習でシュートするときにもねらった場所へシュートできるようにたくさん練習しようね。

声かけもすばらしかったです。相手キックインの場面で、マーク!マーク!というだけでなく、マークがはずれている相手を指さしながら「カズマ、そっちマークして!」など的確な声かけがたくさん聞こえました。まわりが見えていないと出せない声だね。
点を取られたときもみんながキーパーに「ドンマイ!だいじょうぶだよ!」と言ってくれたので、キーパーの選手がしょげてしまうことなく、6試合目以外は最大1失点におさえられました。
(6試合目の相手は遠くからキーパーの手の届かない高さへのシュートを打てる選手がいました。)

もうひとつの課題は、ボールをとったあとの動きです。
「とるぞ、とるぞ、とった、とった、、、えっとどうしようか」じゃなくて
「とるぞ、とったら右が広いからあっちにドリブルしよう、とった、ドリブルだ!」
というようにいつも少し未来のことを考えながらプレーするようにできるとサッカーがもっと楽しくなるよ

最後の試合が終わったあとの「楽しかった!もっとサッカーしたい!」のことばがコーチはとてもうれしかったです。

■村上B(イツキ、ケンシン、ケンスケ、ソウゴ、ユウタ、レオ)
【1次予選リーグ】
①vs FCライズ イエロー
1 – 4
レオ

②vs 木刈FC B
2 – 0
ケンシン、レオ

③vs 成田SSS スペード
0 – 0

④vs 三里塚FC ウィングス
0 – 0

【1次予選4位リーグ】
⑤vs 大和田FCアズーリ
1 – 0
ケンシン

⑥vs 酒々井FC B
1 – 1
ケンシン

【1次予選4位・2次予選1位リーグ】
⑦vs 成田FC
1 – 0
ケンシン

⑧vs ときがねFC
0 – 4

s-DSCF2820s-DSCF2823

まずは朝早くから8試合がんばりました。
よく遊びました。
結果、トータル3勝3敗2分け。
内容は、というか率直な感想はウチのチームはまだまだアマアマですな、というのが正直なところです。
試合待ちの間はどこのチームもワイワイ楽しく騒いで遊んでとやってますが、試合になると顔つきが変わるチームが多かったように思います。
開始の笛がなっても気持ちが切り替わってないのか、最初の1歩がいつも遅く最後の試合までそれは変わりませんでした。

今日は何をしにきたの?
気持ちは切り替えられた?
試合が始まったら何をする?
問いかけにはスラスラと答えられるようになりました。
確かに長丁場でしたが条件は皆一緒です。
ウチのコーチたちは怒鳴ってまで指示をだしません、いつもいってるよね、やるのは君たちだよって。なるべく自主性を重んじて指導しているつもりです。
結果はともかく、サッカーの試合に挑む雰囲気じゃなかったですね。コーチのハッパかけも全て空振りでした。

まだ2年生だしな~、一長一短あるよな~、と自分に言い聞かせながらも悶々としてます。。。
ここはひとつ気持ちを切り替えてまた練習、大会とやって行きましょう!

キモチヲキリカエル…
ケッコウムズカシイデスネ…

最後に
サポーターの皆様、朝早くから夕方遅くまで、車出し・応援などお疲れ様でした。ありがとうございました。
体調不良で来られなかった選手たち、ゆっくり休んで元気になってね!

北習カップ(2年生)

2015/10/4(日)坪井小学校・習志野台第二小学校にて第20回北習カップサッカー大会が行われました。
2年生13名、1年生1名。計14名の選手が参加しました。
試合形式は6人制(10-3-10)

■村上A(イツキ、カケル、カズシ、カズマ、ショウタロウ、ホウセイ、ユウリ)
・予選リーグ Bブロック
①vs 小栗原SCチグリーニョ
2 – 0
ユウリ、ショウタロウ

②vs 塚田FCレッド
0 – 4

③vs 船橋イレブン2002ブルー
0 – 11

前日から引き続きの大会でしたが、子供たちはしっかりとプレーで意気込みを見せてくれました。
一試合目、ほうせい、凄かったです!広いスペースを見つけての普段の練習で頑張ってるアウトサイド、足裏をうまく使ってのドリブル、思わず相手もファールするくらいでした!
本番でもそれが出来たのが、本人にとっても自信になったと思います。
しかし、2試合目、3試合目になると目に見えて運動量が減り、相手に押し込まれる場面が増えてしまいました。
これに関しては、インターバルの過ごし方という部分でしっかりと休ませておくべきだったと反省しています。
コーチとしても子供たちにベストの状態で試合に挑ませなければならないので、いろいろ考えさせられました。

予選敗退となりましたが試合中、失点が続く中でも、一つ一つのプレーに懸命に食らい付く選手が増えてきました。
日々の練習でボールを扱う技術が上がり自信をもってプレーできているからだと思います。やっぱり練習はウソをつきませんね。

最後まであきらめない、チャレンジする、がんばるという観点から選んだMVPはかずま、ゆうり。
ゆうり、最後の試合の後半のあきらめないプレー、仲間への声かけ、とても頼もしく見えました!

本日もサポーターの皆さま、お手伝い、車出し、いろいろとありがとうございました!

■村上B(ケンシン、ケンスケ、コタロウ、ソウゴ、ユウタ、リヒト、マサタカ)
・予選リーグ Lブロック
①vs 習志野台FCホワイト
1 – 5
ケンスケ

②vs FC平田
0 – 2

③vs 船橋JYS B
2 – 0
マサタカ、ケンシン

S__12861443

 

試合前に「なっちゃいけない3人」を説明しました。
・ラインを出たボールをぼーっと見ているおじいさん
・相手キックインのときに周りを見ないおじぞうさん
・味方キックインのときに相手のうしろにかくれんぼする人
1試合目のはじめ、おじいさん・おじぞうさんになっていましたが、コーチの声かけですぐにみんな気づいてくれました。すばらしい動きでした。相手もキックインをする場所がなくてこまってたよ。
ただ、点を入れられたり、疲れてきたり、コーチからの声がなくなると、なっちゃいけない3人になってしまう選手がいるね。これは勝っていても負けていても、疲れていても、コーチからの声が届かなくてもなっちゃいけない3人です。
MVPのユウタはどんな状況でも、しっかりとまわりを見て動いていました。また、できてないチームメイトにも声かけをしてくれました。すばらしいです!
ユウタだけでなくリヒトもいつもまわりを見て動いてたし、ソウゴもまわりを見て声かけをしていました。チームみんなができるように、練習のミニゲームでもおじぞうさんにならないように考えながら練習しようね。

そして、もうひとりのMVPはケンスケです。前日の作草部杯でもかなり走っていたそうですが、今日の試合でもとてもよく走っていました。
もちろんほかのみんなもがんばって走っているけど、ケンスケはピンチやチャンスのときにグッと一段速くなってるから、それでボールに追いついているからよく走っているように見えるんだね。
ラインからボールが出そうだけど追いつけたらチャンス!とか、ここで抜かれたらピンチ!と判断して、いつもより一段速いダッシュができるようになってみよう

シュートチャンスでためらわずシュートを打てるケンシン、キーパーのとき手でつかみにいけるそして遠くに投げるコタロウ、混戦の中のわずかな得点チャンスをものにするマサタカ、それぞれにいいところがありました。

練習も試合もがんばろうね!

本日も車出し・応援などサポーターの皆様、ありがとうございました。

作草部杯(2年生)

2015/10/3(土)千草台東小学校にて第18回作草部杯が行われました。
2年生10名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(8-1-8)

・参加選手
オウキ、オウタロウ、カケル、カズマ、ケンシン、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、ユウリ、レオ

・予選リーグ Cブロック
①vs 椎の木FC
2 – 0
ケンスケ、レオ

②vs 千草台ディライトFC
2 – 1
ケンシン、オウキ

☆チーム史上初の予選一位通過!!

・準々決勝
③vs 中志津SC
0 – 0
PK3 – 2
オウキ、レオ、ショウタロウ

・準決勝
④vs 作草部FC
0 – 1

☆☆☆3位銅メダル!!

sakusabe

1年生秋のアプレンティス杯以来ひさびさの8人制の大会でした。最初はピッチの広さと暑い日差しに子供たちは戸惑っていたようですが、徐々に慣れてきて頑張りました。
今大会のチームMVPはかずま。いつもの通り、ポジションは固定せず、子供たちの自主性に任せて挑みましたが、彼のおかげで3位になれたと言っても過言ではないくらいの献身的なディフェンス、プレッシャー、すごかったです!
普段の練習では内に秘めていますが、本番ではもの凄いファイターに変身するので、コーチたちもぶっ飛んでしまいました。
その他にも、緩急をつけたドリブル、苦しいときの頑張り、声かけ、ひとりひとりの小さなファイトがもたらした銅メダルでした!
振り返り、欲を言えば、チーム結成初の金メダルも充分に狙えた大会でもありました。
3位で満足するのか、それともこれから金メダルを目指して行くのかは、それぞれあると思いますが、間違なくチーム力は上がっています。
楽しくみんなでがんばるという今大会のテーマはチームの皆にとってどうだったでしょうか?
一番のハイライトは準々決勝PK戦の時のチーム全員での、決めろ!!止めろ!!コールでした!村上ッ子らしくて
なんか良かったです!(笑)

いつもチームをサポートして下さるパパさん、ママさんありがとうございます!!
これから秋の大会が続きますが、引き続き応援よろしくお願いいたします!!

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 83
  • Total : 1040113

Powered by WordPress, ログイン