高津杯(4年生)

2018/1/21(日)・2018/1/27(土)八千代市総合グラウンドおよび萱田グラウンドにて高津杯が行われました。
試合形式は8人制(15-5-15)

・大会1日目参加選手
カズマ、キコユ、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、タイシ、リヒト、リョウスケ、レオ

予選リーグ
①vs カナリーニョFC
0 – 8

②vs FC Yachiyo Girls
0 – 5

2018121_0016 2018121_0004 2018121_0010 2018121_0012

2018121_0019 2018121_0021 2018121_0025 2018121_0032

先日の印西コスモス杯から引き続きの「取られたら3秒追いかける」「声かけ」を約束して試合にのぞみました。
みんなけっこうできてたね!これを「けっこうできてた」から「完璧にできてた」にできるように続けていこうね。
2試合ともかなり強い相手で得点も多く入れられてしまいましたが、最後まで下を向かずにあきらめなかったのもよかったよ。

・大会2日目参加選手
イツキ、カズシ、カズマ、キコユ、ケンスケ、ショウタロウ、タイシ、リヒト、リョウスケ、レオ

3位トーナメント
①vs 高津FC A
1 – 7
レオ

②vs 高津FC B
0 – 0
(PK 0 – 2)

P_20180127_101243 P_20180127_101331 P_20180127_101507 P_20180127_101524

2ヶ月ぶりの得点!みんなでいっしょうけんめい走って、何回も攻めこんで、決めることができたね。
サッカーは簡単に点が入るスポーツではないので、何回も何回も失敗してもあきらめずに攻める気持ちを持ち続けることが重要だね。
2試合目も、かなりの回数攻めこむことができたけど、シュートを決めきれなかったね。
逆に攻めこまれることも多かったけど、たくさん走ってもどってくれたショウタロウ・カズマ、ちゃんとシュートコースを消しているGKケンスケの守りでPKまで粘りました。

このところがんばってる基礎練習の成果で、少しずつトラップやドリブルがよくなってきてるよ。
最近やっている練習だと、インサイドでのパス、1対1でのねばり強さ、チームでの攻守の切り替えの速さが、これから出せるようになるともっといい試合でできるようになるね!

MGP(Most Ganbatta Player:もっともがんばった選手)は、ショウタロウです。
本大会、4-2-1のフォーメーションで両サイドバックは攻撃にもどんどん参加するということで、かなり走り続けなければいけないポジションでした。
自分でもスタミナが弱点だと言っていたショウタロウだけど、今日はピンチでもチャンスでもチームのためにがんばって走り続けてたね。今日で弱点克服だ!

P_20180127_134901

主催のFC高津のみさなま、対戦チームのみなさま、ありがとうございました。
応援・サポートしていただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

文:池田コーチ

印西コスモス杯(4年生)

2018/1/14(日) 本埜スポーツプラザで印西コスモス杯の予選リーグが開催されました。
4年生9名が参加しました、試合形式は8人制(15-5-15)。

予選リーグ 第5組 第1戦
村上SC vs ラビットKS
前半 0-2 (FW ケンスケ MF左からショウタロウ、リヒト、ユウダイ DF左からカズマ、レオ、リョウスケ GKソウゴ)
後半 0-2 (FW レオ MFは前半と同じ、 DF左からカズマ、ソウゴ、イツキ GK ケンスケ)

20180114_000820180114_001020180114_001720180114_002920180114_0031

2018年の初ゲーム、試合前の太田コーチからの指示は2つ。
①声掛けをしっかり
②取られたら、3秒間必死で追いかける

みんな、②を頑張ってましたね~。リョウスケ、汗びっしょり!
ボールを取られても、取り返してやろうと追いかける、プレッシャーをかける。
プレッシャーがかかると、相手もやりにくい。ミスも出るし、取り返せたりする。
これからの試合でもドンドンやって行こう!

①の声掛けも、特にレオがすごく頑張ってたね!あと、ベンチからイツキも沢山声掛けをしていた。
新戦力のユウダイ、ドリブルで沢山仕掛けてました!リヒトとショウタロウの連携も良かったね~。
ソウゴも、PKを見事弾きました(その後、押し込まれて得点になってしまったけど、それはソウゴのせいでは無い!!)

第2戦 印西FCホワイト(布陣は第1戦と同じ)
前半 0-3
後半 0-1

20180114_004120180114_004420180114_005120180114_005520180114_006220180114_006620180114_0068

このゲームも良いプレーが沢山あったね~。ソウゴの後頭部ファインセーブ、どこにでも現れるカズマの走力、
イツキ、リョウスケのしつこいディフェンス。
ユウダイもロングシュート、惜しかった!!レオやリヒトを起点にしたワンツーもカッコ良かった!
ケンスケのキャッチング、ゴールキックもすごく安定して来たね!

残念ながら2敗でしたが、②「取られても3秒間必死に追いかける」は最後まで出来てたね!
①の「声掛けをシッカリ」は、もっともっと出来そうだね、これからの練習でも、もっともっと周りを見て、
特に、ボールを持っていない時に何をしたら良いか、どこにいたら仲間の助けになるか、を考えてプレーして
行きましょう、きっとドンドン良い声掛けが出来るようになるし、パスがつながったり、もっともっとサッカーが
面白くなると思うよ!!

お呼びいただいた印西FCの皆様、対戦チームの皆様、ありがとうございました。
本日も応援いただいたサポーターの皆様、ありがとうございました。

文:二宮コーチ

中志津杯(4年生)

2017/12/2(土)南志津小学校にて中志津杯が行われました。
4年生10名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15-5-15)
・参加選手
イツキ、カズシ、カズマ、キコユ、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、タイシ、リヒト、リョウスケ

予選リーグ
①vs 大久保SC
0 – 7

②vs 中志津SC
0 – 5

61606161616761706172

相手はうまくパスをつないでくるチームだったね。
村上はなかなかボールをうばえませんでした。
なぜだろう?聞くとみんなは「プレスが弱かった」と答えると思うけど、
「プレスが弱い」というのはどういうことか具体的に考えてるかな?

個人でのプレスでは、
・ボールを持っている相手への身体のよせ方が「やさしい・おそい・とおい」「強すぎ・速すぎ・近すぎ」
・パスを受けそうな相手への身体のよせ方が「やさしい・おそい・とおい」「強すぎ・速すぎ・近すぎ」
  やさしかったら、はじかれちゃう
  おそかったら、スピードでかわされちゃう
  とおかったら、相手は自由にボールを持っていられる
  強すぎたら、フェイントでかわされちゃう
  速すぎたら、逆方向にかわされちゃう
  近すぎたら、ターンでかわされちゃう
どれぐらいの力・スピード・距離だとかわされずにボールを奪えるようになるのか、考えながらプレーしてみよう

チームでのプレスは
・相手の次のプレーが予測できてなくて、ボールを持っている相手選手のドリブルコースがあいている
・相手の次のプレーが予測できてなくて、パスを受ける相手選手へのパスコースがあいている
・相手の次のプレーが予測できてなくて、ゴール前の相手選手がシュートを打てそうなスペースがあいている
予測して、コース・スペースをあけないように、考えながらプレーしてみよう

今日はゴール前での守備で、DFが右によせられた時に、左側を左MFがゴール前まで戻ってきてスペースをうめるような動きができてたね。すばらしい!
予測して動く。予測できていない味方がいたら声をかけて教えてあげる。
どんどんできるようになっているので、続けていきましょう。

主催の中志津FCの皆様・対戦チームの皆様ありがとうございました。
サポーターの皆様、本日も応援・サポートありがとうございました。

文:池田コーチ

こてはし台ミニサッカー大会(4年生)

2017/11/26(日)こてはし台小学校にてこてはし台ミニサッカー大会が行われました。
4年生5名の選手が参加しました。
試合形式は5人制
・参加選手
ケンシン、タイシ、ナルミツ、ユウリ、レオ

予選リーグ
①vs ときがねFC
4 – 1
ケンシン4

②vs 牛久FC
1 – 0
レオ

③vs 福栄FC
0 – 1

決勝トーナメント1回戦
④vs 宮野木SC
0 – 3

敗者対決
⑤vs ユーカリが丘SC
3 – 0
ケンシン2、レオ

敗者対決決勝
⑥vs 木刈FC
1 – 3
レオ

サポーターのみなさま、本日も応援ありがとうございました。

淑徳カップ 決勝トーナメント(4年生)

2017/11/26(日)、前日に引き続き淑徳大学更科グランドにて淑徳カップの決勝トーナメントが開催
されました。4年生6名、3年生助っ人3名が参加しました。

初戦
村上SC – 明星A
前半(リョウスケ・オギ・リヒト・イツキ・キコユ・カズマ・ユウセイ・ケンスケ) 0-3
後半(リョウスケ・ケンスケ・リヒト・マサ・キコユ・カズマ・ユウセイ・オギ) 0-6

残念ながら0-9で敗戦。
ゴールキーパーががんばってたね、ケンスケも、オギも、ナイスセーブがたくさんありました!
フィールドでも一人一人、がんばっているプレーがたくさんありました。
マサは何回もドリブルで相手をかわし、ユウセイも粘り強いディフェンス、よかったね。
イツキ、キコユも相手に追いついてプレッシャーを掛けようとがんばってました。
ボールの近くでの一人一人のプレーではそんなに差が無いと思うんだけど、
ボールを持っていない時にどこにいるか、とか、ゴールキックで飛んできたボールを先に取りに行くか、とか、
状況判断の部分の差が、スコアに出ちゃったかな。
これからの練習で、ボールを持っていない時に何を狙うのか、意識するのか、も身につけて行こう!

フレンドリー
村上SC – 高津
前半(オギ・リヒト・キコユ・カズマ・リョウスケ・イツキ・マサタカ・ケンスケ) 0-2
後半(オギ・リヒト・マサ・カズマ・リョウスケ・イツキ・キコユ・ケンスケ) 0-2

この大会最後の試合、残念ながら0-4で敗戦。
メンバーはみんなで決めてもらいました。ザ・ドリブルサッカーの高津さんが相手。
試合前、二宮コーチからは「ガツガツ行こう!」との掛け声がありましたが、
みんな、これを一生懸命やり過ぎたのかな、みんながボールに群がる、久しぶりのお団子サッカー!!
ガツガツは行けてたけど、やっぱりお団子ではなかなか点は入らず、たまに相手がスルスルっと
抜け出した時に守りがいないので失点、と言うパターンだったね。
これもやっぱり「状況判断」。もっともっと頭を使って、もっともっとチャンスが作れるサッカーを目指して行こう!!

決勝トーナメントでは勝てなかったけど、久々の予選突破もできて、空いている時間でたくさん練習もできたね、お疲れ様でした!!

IMG_1309 IMG_1320 IMG_1342

サポーターの皆様、本日も応援・サポートありがとうございました。

文:二宮コーチ

淑徳カップ 予選(4年生)

2017/11/25(土)淑徳大学更科グランドにて淑徳カップ予選が行われました。
4年生14名(含む応援のソウゴ)が参加しました。
試合形式は8人制(15-2-15)

予選Dブロック 第1戦
村上SC vs アローズ
前半(イツキ・リヒト・ユウリ・カズマ・リョウスケ・タイシ・キコユ・ケンスケ) 0-3
後半(カズシ・ショウタロウ・ケンシン・レオ・ケンスケ・ユウリ・ナルミツ・タイシ) 0-1

20171125-01 20171125-03

残念ながら0-4で敗戦。

試合前の課題は
・一発で行かない、
・声掛け、
・ガツガツ行こう。

みんないいプレーしてたね、左サイドのディフェンス、リョウスケは抜かれても追いつこうと、何回もがんばってたね。
二宮コーチは試合を見るのがちょっと久しぶりだったので、リョウスケはすごく上手くなっているな、と嬉しかったです。

ウォーミングアップでも、一発で行かない動きを練習したけど、ゲームでできてたかな?
試合の後のミーティングで、カズマは「できなかった」(一発で行っちゃった)と言う事がちゃんと分かってたよね。
すごくいい事だと思います、自分で気がつきながらプレーして行ければ、上手くなるのも早いと思うよ。

予選Dブロック 第2戦
村上SC vs キッカーズ
前半(カズシ・リヒト・レオ・ケンシン・ナルミツ・ユウリ・ケンスケ・タイシ) 3-0
後半(リョウスケ・ショウタロウ・ユウリ・カズマ・イツキ・タイシ・キコユ・ケンスケ) 1-0
ゴール:ケンスケ2、ユウリ、オウンゴール

20171125-12 20171125-14

見事、4-0で勝利!!

日が暮れてナイターでの試合、寒かったけどみんなよく走りました。
やっぱり勝つと嬉しいね~、ケンシンさすがの2ゴール、ユウリも左足で上手く決めてたね!
ちょっともったいなかったのが、ファールスローが多かったことと、
ボールキープは続けているけどゴールに攻め込まずに、キープしたいのでだんだんサイドにズレて行くので、
得点につながらないプレーが多かったように思いました。。。とは言え、みんながんばりました!

リヒトは土田コーチの走り方教室で習った事をさっそく試合で意識してたね!
1試合目のカズマの「一発で行っちゃった」と同じく、「意識して」プレーするのは、はやく上達
するためにはすごく大事な事だと思います!!

予選リーグ、1勝1敗で見事2位で通過しました!!

サポーターの皆様、本日も応援・サポートありがとうございました。

文:二宮コーチ

市民大会(4年生)

2017/10/8(日)八千代市総合グラウンドにて市民大会予選が行われました。
4年生14名 3年生3名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15-5-15)

■村上SCブルー
(イツキ・カケル・カズシ・ソウゴ・ユウタ・リョウスケ + 3年助っ人 オギ・マサ・ユウセイ)

予選ブロック 第1戦
村上SCブルー 0 : 22 大和田セレソン

①自分達のゴールの近くで守らされる
   ↓
②ペナルティエリアの近くに村上のみんなが集まる
   ↓
③クリアーできて、少しゴールから離れたところにボールが転がる
   ↓
④相手の選手がボールを持って、そこには村上の選手が誰もいない
   ↓
⑤そのまま村上は誰もプレッシャーをかけに行かない
   ↓
⑥相手は気持ちよ~く、思いっきりミドルシュート、ゴール!!! (:_;)

というパターンが多かったと思います。
村上のみんながもう少しくふうすると、そんなに何回も⑥にはならないと思うんだけど、、、
どうしたら良いかな?

良かったのは、ゴールキックからの失点をしっかりと防いだこと。キーパーをやったオギもユウタも、そして周りの選手も、くふうしていたね。
フィールドでは特にリョウスケ、すごくがんばってたね、たくさん走ってたし、色々と考えながらプレーしているのがコーチたちにも分かりました。

ユウセイのディフェンスも良かったね~、一回かわされそうになっても、すぐにもう一回追いかける、ねばり強い守りが何回も出来てたね。

予選ブロック 第2戦
村上SCブルー 0 : 11 スポルトイエロー

前半の前半は、相手の陣地にも何度か入れたし、失点も3点でおさえることが出来ました。
ディフェンスラインの押し上げが少し出来ていたと思います。カケルの突破も良かったね!
後半はみんな少し疲れてしまったかな?
試合の前に、コーチから、最後まで戦いきろう!と言われたけど、みんな、できたかな??

0勝2敗で予選リーグ最下位、決勝トーナメントには進めませんでした。
残念な結果に終わってしまいましたが、大事なのは、これからどうするか、なんだと思います。

もうちょっと練習する?
もうちょっと、テレビとかでサッカーを観る?
特に変わらない??

そうそう、みんな、靴ひもは試合の最後までほどけないよう、しっかり結べるように練習しましょう!

ブルーの試合のあと、沢山の選手が残ってレッドの応援していたのが、コーチは嬉しかったです!!
お疲れ様でした!!

20171008_1

20171008_2

■村上SCレッド(カズマ、ケンスケ、ケンシン、タイシ、ナルミツ、リヒト、レオ、ユウリ)

予選ブロック 第1戦
村上SCレッド 0 : 7 エストゥーロレッド

緊張したかな?動けていなかったね。
ゴールキックのときに立ち止まってしまう。
相手ドリブルへの寄せが遅い・遠い。
味方攻め開始のときにボールを持っていない周りの選手がダッシュしていない。
いつもはできているいいプレーができていないということに自分たちで気づけていたかな?
低学年のときからそうだけど、試合中に「あ、これじゃマズいな」と気がついたら、それを変えていかないといけないよ。

前半は、1回抜かれたら追いつけず、ペナルティエリアへの侵入を簡単に許して、遠目からの強いシュートで入れられるパターンが続いてしまいました。
ハーフタイムに自分たちのマズかったところをみんなで言って、じゃあそれを変えようと言ったけど、後半変えることができたかな?

ユウリはだいぶ変えていたね。積極的にボールに寄せるようになって、ダッシュも増えました。
積極的に行った分で、奪われた後にカウンターを受ける場面も増えたけど、それでOK。
それに気づいてまた修正すればいいよね。
カズマはユウリやナルミツが上がった時のフォローのダッシュが多くなってたね。
レオはさらにサイドに開く意識をしていたのが伝わってきました。

予選ブロック 第2戦
村上SCレッド 0 : 0 FC高津ホワイト

2戦目のお相手はドリブル戦術チーム。基本的には団子サッカーになってたよね。
これも試合中に自分で、自分たちで気がつけるようになろう。
団子サッカーということは逆サイドは広くあいてるよね。
そうしたら、どういう攻め方・守り方をしたらいいかな。

結果、第1戦よりは動けるようになってきたけど、攻めきれず無得点で引き分けでした。
0勝1敗1引き分けで予選敗退となりました。

みんなの実力がきちんと出せればもうちょっといい結果を出せたはずだと思います。
「ボールに先にさわる」「取られたら取り返す」という基本ができていないと思うときは、
自分自身に気合いを入れなおして、まずは1回ダッシュしてみよう。

20171008_3

八千代市内大会で対戦するチームは6年生までずっとライバルです。
ライバルに負けずに練習して上達していこうね。

審判等お手伝いいただいた他学年コーチの皆様ありがとうございました。
本日もサポート・応援いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

文:二宮コーチ、池田コーチ

第1回ロックアイスカップ(4年生)

2017/10/01(日)八千代スポーツガーデンにて第1回ロックアイスカップが行われました。
4年生12名の選手が参加しました。
試合形式は5人制(8分)

久しぶりに5人制で8分1本のミニサッカーでした。
次の日が市民大会なので、キャプテン(ソウゴとユウリ)だけコーチが決めさせてもらって、
チーム分け、アップ、時間管理、交代やポジションなどすべて選手に任せました。

ポジション決め、1分ぐらいでサッと決まったユウリキャプテンの村上ユナイテッド。
一方、「オレ明日ずっとキーパーだから今日やんねー(タイシ)」「わかった、わかった、わかったってば(みんな)」となかなか決まらないソウゴキャプテンのジェフ村上。
試合の前から、まったく違う特徴を見せる2チームでした。

■ジェフ村上(カケル、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、リヒト、レオ)
予選リーグ
vs 米本SC
4 – 0
リヒト、タイシ、ケンスケ、タイシ

vs ポカルスA
0 – 1

vs 大和田FCちぇるしー
0 – 1
予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント
vs 大和田FCゆないてっど
2 – 1
レオ、ケンスケ

vs 村上ユナイテッド
0 – 2

3位トーナメント準優勝

20171001_01

ボールに先にさわる、味方が持ったら前に行く、取られたらみんなで取り返すが徹底されていて見ていて面白いサッカーだったよ。
ループパスなどいろんなアイデアがあったりもしたね。
チーム全員が「ケンスケは前に走ってるでしょ」と思って顔をあげてケンスケを探す。
レオがドリブルはじめたら「レオならかわせる」と全員あがる。
こういう仲間同士の心のつながりが見えるプレーが多かったと思います。
だからこそガンガン攻めれたんだよ。2戦目も3戦目もアンラッキーな失点で負けてしまったけど、相手よりジェフ村上の方がシュートが多かったよね。決めきれなかったことは反省点として、今後改善しましょう。

特に褒めたいのはキャプテンソウゴ。ベンチにいてもキーパーでも仲間に対する元気の出る声かけすばらしかったです。そして、時間通りにチームを連れてコートにやってくるまとめ役としての役割もきちんとやっていました。

■村上ユナイテッド(カズマ、ケンシン、ショウタロウ、ナルミツ、リョウスケ、ユウリ)
vs 大和田FCれある
0 – 3

vs エストゥーロ八千代ピンク
0 – 1

vs こてはし台SC
1 – 0
ショウタロウ
予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント
vs ソレイユ明青
1 – 0
ユウリ

vs ジェフ村上
2 – 0
ショウタロウ、ユウリ

3位トーナメント優勝

20171001_02

足元の技術が高い選手が集まったユナイテッドチーム。だけど、プレーも声かけもいつもよりおとなしかったね。
緊張したかな?相手にビビったかな?心が押されているときは、まず動いてみよう。
気持ちがないと動けないというのはよく言われることだけど、動かないと気持ちが入らないというのもあるからね。
味方の攻撃のときに、うしろでフォローするのはいいことだけど、その人数や場所のことも考えましょう。
それと前に走りこんでおとりになってあげるのも立派なフォローだよ。
ちょっとうまくいってないなと思ったら違うプレーをしてみる勇気を持ってください。

リョウスケ、よくがんばってたね。最後まであきらめずにボールをおいかけていたので、相手がすごく攻撃しづらくて困ってたよ。すばらしいです。

両チームとも予選リーグ3位。3位トーナメント1戦目も勝利して、3位トーナメント決勝は村上対決になりました。
攻めまくって7,8本シュートを打ったジェフ村上でしたが枠をとらえられず、キックインとカウンターで2点を決めた村上ユナイテッドが勝ちました。両チームとも5試合よく走りました。

20171001_04

試合のあとはドリブル競争とじゃんけん大会がありました。
ドリブル競争の説明をされたあと、
「え?ひとり10回やんの?」と言った村上SCの選手に気がついたジェフ千葉の太郎コーチに、「だいじょぶか?チームで10回だかんな。村上だけわかってねぇよ、やべぇな(笑)」とツッコまれてたね。コーチも父母たちも大ウケでした。

20171001_03

大会運営していただいたジェフ千葉市原のみなさまありがとうございました。試合の合間にドリブルの相手などしていただいて子どもたちもとても楽しんでいました。
主催のロックアイスのみなさま、とても楽しい大会でした。ありがとうございました。
サポーターのみなさま、本日も熱い応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

練習試合(4年生)

2017/9/30(土)村上小学校にて成田FCさん・千城台FCさんを招いての練習試合を行いました。
4年生13名、3年生5名の計18名の選手が参加しました。試合形式は8人制(15分)。

来週行われる市民大会を想定して試合にのぞみました。

▼ブルー
[4年]キコユ、ショウタロウ、ソウゴ、ホウセイ、リョウスケ
[3年]オギワラ、カイト、ジンセイ、マサタカ、ユウセイ

①vs 成田FC
0 – 3

②vs 千城台FC
0 – 3

③vs 成田FC
0 – 4

20170930_01

・守備について
『相手より先に考えて動こう』

相手選手がトラップして、ドリブル準備を整えるのをじっと見て待ってしまう場面が多かったです。
相手がトラップしないように、ボールが来そうな場所を予想して先に走ってさわる。
トラップされても、前を向かれる前に相手に近よってドリブルをはじめさせない。
相手より先に考えていないとやられちゃうね。(見聞色の覇気を鍛えよう。)

・攻撃について
『取られることだけを考えない。自分たちが攻める。』

「取られたら取り返す」というのはとても重要だけど、これは攻撃から守備への切り替えのときに重要なこと。
攻めのときに全員が「取られたら取り返す」と思っているとどうなると思う?
先頭のフォワードがドリブル、あとの7人が取られたら取り返そうとしてそのうしろでフォロー。
すると、フォワードは相手全員をドリブルで抜かなきゃゴールにたどりつけないよね。
それに7人がうしろにいるからパスもうしろにしか出せない。つまり前に進めない。
みんなで前に進むためにはどうしたらいいのか、普段の3vs3の練習でたくさん練習しているはずだよ。思い出してね。

ポジションの位置や役割についてはだんだん理解できてきてるように思います。
特にキコユはボールがないときに周りを見て、相手フォワードを探したり、味方のポジションがはずれているところをフォローしたりができてるね。毎試合上達していってると思うよ。グッドです!
まだ迷ってしまう選手は、どこでどういうときに迷うのかをチームメイトやコーチに聞いてみてください。一緒に考えよう。

▼レッド
カズマ、ケンシン、ケンスケ、タイシ、ナルミツ、ユウリ、リヒト、レオ

①vs 千城台FC
1 – 1
ケンスケ

②vs 成田FC
1 – 0
ケンシン

③vs 千城台FC
3 – 2
ケンシン、ケンスケ、リヒト

20170930_02

それぞれが連動していて、いいプレーがつながったね。
リヒトが中央でうばってボールを左右に大きくに開いたレオやケンシンにパス、少しドリブルで運んで相手に囲まれる前にFWケンスケへパス、オフサイドにならないように横を気にしながら走ったケンスケがシュート。
それぞれの役割がうまくつながったイイ形の1つができたね。イイ形は1つだけじゃないのでみんなのアイデアでいろいろやってみて作っていきましょう。

ディフェンスも全員が高い位置まで押し上げて相手のスペースをなくしていました。困った相手が蹴ってくるロングボールはきっちりとマイボールにできてたね。
サイドバックがあがっていったときのユウリのポジション・指示、マイボールにしてからのパスもよかったです。カズマ、ナルミツの戻りのダッシュもよかったよ。

キーパータイシのボールへの反応やゴールキックもよかったです。前に出る判断、ディフェンス陣への指示、これからもっとできるようになっていこうね。

攻撃に関しては試合後にも各コーチから話したように、サイドハーフが中央により過ぎると詰まっちゃうということを意識してみてください。
サイドハーフは中央によらずにサイドにひらいてパスコースを作っておく。センターハーフは1対1負けずにうばってパス(スペースがあいていればドリブルでもいいよ)をする。こうすると2人の力が100%出せるよね。
どうしても相手のセンターハーフが強くって2人で止めなきゃ止められないと思ったら、中央による。という判断をするのもいいけど、そこでうばっても味方も相手も人数が多い状態だから、ドリブルしづらいよね。どうしたらいいか考えてみてね。

守備に関しては、チーム全体で攻守の切り替えが遅かったときと、集中力がすこし下がったときの失点が目立ったね。
攻撃参加してあがっていったけど、タッチラインから出て相手スローインになったら、「あ~、出ちゃった~。村上山の方までころがっちゃったよ。あ~。」じゃなくて「やべっ、すぐ戻んなきゃ」だよね。すぐに切り替えよう。
集中力、むずかしい言葉だよね。こういう風に考えてみよう。
集中力0「今日の夕飯、カレー食べたいな。あ、チョウチョ飛んでる。今、何時だろう」
集中力30「相手コーナーキックだ。守んなきゃ。」
集中力50「相手コーナーキックだ。マークしなきゃ。◯番マークする。」
集中力100「相手コーナーキックだ。さっき、あのキッカーのコーナーキックめっちゃ飛んだな。ゴール前守んなきゃ。あ、◯番は背が高い。ナルミツ、◯番マークして。オレはこのすばしっこい●番をマークするぞ。コーチがボールと相手を両方見える位置って言ってたな。絶対先にさわるぞ。相手ボールになっても、シュートを打たれる前に体をよせよう。」

集中力50ぐらいじゃ、たぶん入れられちゃうよね。試合が終わりに近づくと集中力が下がってきちゃうけど、
試合中は常に集中力100でいられるように、練習から頭を使ってサッカーしましょう。

2407240824092410

最後は各チームごちゃまぜで交流試合をしました。ポジションも選手だけで決めてスタート。
ホームチームだからか、みんなが成長したからかいつもより楽しめていたみたいだね。
審判も選手にやってもらいました。審判体験したユウリ、リヒト、ソウゴ、ナルミツどうだった?
主審をやってくれた成田FCのT君もありがとう。
最後の最後に選手40人vsコーチ10人をやってみました。盛りあがったね!結果は選手チームが1点取って勝ちでした。くやしい。

20170930_05

成田FCのみなさん、千城台FCのみなさん、お越しいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
サポーターのみなさん、お手伝い・応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

練習試合(4年生)

2017/9/16(土)岩名球技場にて練習試合が行われました。
4年生12名の選手が参加しました。
試合形式は8人制、15分一本。

・参加選手
イツキ、カケル、カズマ、キコユ、ケンスケ、ソウゴ、ホウセイ、ユウタ、ユウリ、リヒト、リョウスケ、レオ

1試合目 村上SC 0 - 1 白銀T-REX

2試合目 村上SC 2 - 1 レグルスFC
得点:リヒト、レオ

3試合目 村上SC 0 - 2 成田FC

4試合目 村上SC 0 - 4 船橋KSC

5試合目 村上SC 0 - 3 大久保東SC

6試合目 村上SC 1 - 3 白銀T-REX
得点:ユウリ

7試合目 村上SC 0 - 3 レグルスFC

8試合目 村上SC 5 - 1 成田FC
得点:カズマ、ユウリ、ユウリ、ユウリ、ケンスケ

20170916_01

20170916_02

20170916_03

20170916_04

いつもきれいな人工芝が気持ちの良い岩名での、6チーム集まっての大練習試合!! 15分の試合を、なんと8試合も!!
沢山ゲームが出来たので、色んなポジションを試してみたり、同じポジションで何試合かやってみたり。

みんな、少しずつ、ポジションの役割とか、ボールを持っていない時に何をしたら良いかとか、プレー中も色々と考えてるのがコーチにも分かりました。
カズキコーチに気合入れてもらった効果もあって、色んなチャレンジもできてたね、イツキ、ソウゴ、ドリブル頑張ってたね~、キコユも相手のボールを取りやすいタイミングを狙って、相手はイヤがってたね~。
リョウスケみたいに、途中で「もっと試合に出たい!」って声も沢山聞こえて、コーチも一緒にやってて、とても楽しかったです。

ユウリ、最後の試合でのハットトリックを含めての4得点の大活躍! カズマのドリブル突破からのゴールもお見事、リヒトは利き足と逆の右足でのゴールが決まったね、スゴイ!
ケンスケも良いポジショニングでのナイスゴール!!

インフルエンザからの病み上がりの池田コーチも、こっそりマスクをして応援に駆け付けてくれてました。

20170916_05

最後のご挨拶、みんなすっごく大きい声が出てたね!
そのとき、白銀の山田コーチもおっしゃってたけど、「その大きい声、ゲーム中に聞きたかった~!!」。
今度のゲームでは、もっともっと色んな声掛けをして、大騒ぎ出来ると、もっとサッカー楽しいと思うよ! ガンバりましょう!!お疲れ様でした!!

お誘いいただいた白銀T-REXのみなさま、対戦チームのみなさま、ありがとうございました。
応援いただいたサポーターのみなさま、ありがとうございました。

文:二宮コーチ

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 16
  • Total : 1048734

Powered by WordPress, ログイン