市民大会(4年生)

2017/10/8(日)八千代市総合グラウンドにて市民大会予選が行われました。
4年生14名 3年生3名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15-5-15)

■村上SCブルー
(イツキ・カケル・カズシ・ソウゴ・ユウタ・リョウスケ + 3年助っ人 オギ・マサ・ユウセイ)

予選ブロック 第1戦
村上SCブルー 0 : 22 大和田セレソン

①自分達のゴールの近くで守らされる
   ↓
②ペナルティエリアの近くに村上のみんなが集まる
   ↓
③クリアーできて、少しゴールから離れたところにボールが転がる
   ↓
④相手の選手がボールを持って、そこには村上の選手が誰もいない
   ↓
⑤そのまま村上は誰もプレッシャーをかけに行かない
   ↓
⑥相手は気持ちよ~く、思いっきりミドルシュート、ゴール!!! (:_;)

というパターンが多かったと思います。
村上のみんながもう少しくふうすると、そんなに何回も⑥にはならないと思うんだけど、、、
どうしたら良いかな?

良かったのは、ゴールキックからの失点をしっかりと防いだこと。キーパーをやったオギもユウタも、そして周りの選手も、くふうしていたね。
フィールドでは特にリョウスケ、すごくがんばってたね、たくさん走ってたし、色々と考えながらプレーしているのがコーチたちにも分かりました。

ユウセイのディフェンスも良かったね~、一回かわされそうになっても、すぐにもう一回追いかける、ねばり強い守りが何回も出来てたね。

予選ブロック 第2戦
村上SCブルー 0 : 11 スポルトイエロー

前半の前半は、相手の陣地にも何度か入れたし、失点も3点でおさえることが出来ました。
ディフェンスラインの押し上げが少し出来ていたと思います。カケルの突破も良かったね!
後半はみんな少し疲れてしまったかな?
試合の前に、コーチから、最後まで戦いきろう!と言われたけど、みんな、できたかな??

0勝2敗で予選リーグ最下位、決勝トーナメントには進めませんでした。
残念な結果に終わってしまいましたが、大事なのは、これからどうするか、なんだと思います。

もうちょっと練習する?
もうちょっと、テレビとかでサッカーを観る?
特に変わらない??

そうそう、みんな、靴ひもは試合の最後までほどけないよう、しっかり結べるように練習しましょう!

ブルーの試合のあと、沢山の選手が残ってレッドの応援していたのが、コーチは嬉しかったです!!
お疲れ様でした!!

20171008_1

20171008_2

■村上SCレッド(カズマ、ケンスケ、ケンシン、タイシ、ナルミツ、リヒト、レオ、ユウリ)

予選ブロック 第1戦
村上SCレッド 0 : 7 エストゥーロレッド

緊張したかな?動けていなかったね。
ゴールキックのときに立ち止まってしまう。
相手ドリブルへの寄せが遅い・遠い。
味方攻め開始のときにボールを持っていない周りの選手がダッシュしていない。
いつもはできているいいプレーができていないということに自分たちで気づけていたかな?
低学年のときからそうだけど、試合中に「あ、これじゃマズいな」と気がついたら、それを変えていかないといけないよ。

前半は、1回抜かれたら追いつけず、ペナルティエリアへの侵入を簡単に許して、遠目からの強いシュートで入れられるパターンが続いてしまいました。
ハーフタイムに自分たちのマズかったところをみんなで言って、じゃあそれを変えようと言ったけど、後半変えることができたかな?

ユウリはだいぶ変えていたね。積極的にボールに寄せるようになって、ダッシュも増えました。
積極的に行った分で、奪われた後にカウンターを受ける場面も増えたけど、それでOK。
それに気づいてまた修正すればいいよね。
カズマはユウリやナルミツが上がった時のフォローのダッシュが多くなってたね。
レオはさらにサイドに開く意識をしていたのが伝わってきました。

予選ブロック 第2戦
村上SCレッド 0 : 0 FC高津ホワイト

2戦目のお相手はドリブル戦術チーム。基本的には団子サッカーになってたよね。
これも試合中に自分で、自分たちで気がつけるようになろう。
団子サッカーということは逆サイドは広くあいてるよね。
そうしたら、どういう攻め方・守り方をしたらいいかな。

結果、第1戦よりは動けるようになってきたけど、攻めきれず無得点で引き分けでした。
0勝1敗1引き分けで予選敗退となりました。

みんなの実力がきちんと出せればもうちょっといい結果を出せたはずだと思います。
「ボールに先にさわる」「取られたら取り返す」という基本ができていないと思うときは、
自分自身に気合いを入れなおして、まずは1回ダッシュしてみよう。

20171008_3

八千代市内大会で対戦するチームは6年生までずっとライバルです。
ライバルに負けずに練習して上達していこうね。

審判等お手伝いいただいた他学年コーチの皆様ありがとうございました。
本日もサポート・応援いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

文:二宮コーチ、池田コーチ

第1回ロックアイスカップ(4年生)

2017/10/01(日)八千代スポーツガーデンにて第1回ロックアイスカップが行われました。
4年生12名の選手が参加しました。
試合形式は5人制(8分)

久しぶりに5人制で8分1本のミニサッカーでした。
次の日が市民大会なので、キャプテン(ソウゴとユウリ)だけコーチが決めさせてもらって、
チーム分け、アップ、時間管理、交代やポジションなどすべて選手に任せました。

ポジション決め、1分ぐらいでサッと決まったユウリキャプテンの村上ユナイテッド。
一方、「オレ明日ずっとキーパーだから今日やんねー(タイシ)」「わかった、わかった、わかったってば(みんな)」となかなか決まらないソウゴキャプテンのジェフ村上。
試合の前から、まったく違う特徴を見せる2チームでした。

■ジェフ村上(カケル、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、リヒト、レオ)
予選リーグ
vs 米本SC
4 – 0
リヒト、タイシ、ケンスケ、タイシ

vs ポカルスA
0 – 1

vs 大和田FCちぇるしー
0 – 1
予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント
vs 大和田FCゆないてっど
2 – 1
レオ、ケンスケ

vs 村上ユナイテッド
0 – 2

3位トーナメント準優勝

20171001_01

ボールに先にさわる、味方が持ったら前に行く、取られたらみんなで取り返すが徹底されていて見ていて面白いサッカーだったよ。
ループパスなどいろんなアイデアがあったりもしたね。
チーム全員が「ケンスケは前に走ってるでしょ」と思って顔をあげてケンスケを探す。
レオがドリブルはじめたら「レオならかわせる」と全員あがる。
こういう仲間同士の心のつながりが見えるプレーが多かったと思います。
だからこそガンガン攻めれたんだよ。2戦目も3戦目もアンラッキーな失点で負けてしまったけど、相手よりジェフ村上の方がシュートが多かったよね。決めきれなかったことは反省点として、今後改善しましょう。

特に褒めたいのはキャプテンソウゴ。ベンチにいてもキーパーでも仲間に対する元気の出る声かけすばらしかったです。そして、時間通りにチームを連れてコートにやってくるまとめ役としての役割もきちんとやっていました。

■村上ユナイテッド(カズマ、ケンシン、ショウタロウ、ナルミツ、リョウスケ、ユウリ)
vs 大和田FCれある
0 – 3

vs エストゥーロ八千代ピンク
0 – 1

vs こてはし台SC
1 – 0
ショウタロウ
予選3位で3位トーナメントへ

3位トーナメント
vs ソレイユ明青
1 – 0
ユウリ

vs ジェフ村上
2 – 0
ショウタロウ、ユウリ

3位トーナメント優勝

20171001_02

足元の技術が高い選手が集まったユナイテッドチーム。だけど、プレーも声かけもいつもよりおとなしかったね。
緊張したかな?相手にビビったかな?心が押されているときは、まず動いてみよう。
気持ちがないと動けないというのはよく言われることだけど、動かないと気持ちが入らないというのもあるからね。
味方の攻撃のときに、うしろでフォローするのはいいことだけど、その人数や場所のことも考えましょう。
それと前に走りこんでおとりになってあげるのも立派なフォローだよ。
ちょっとうまくいってないなと思ったら違うプレーをしてみる勇気を持ってください。

リョウスケ、よくがんばってたね。最後まであきらめずにボールをおいかけていたので、相手がすごく攻撃しづらくて困ってたよ。すばらしいです。

両チームとも予選リーグ3位。3位トーナメント1戦目も勝利して、3位トーナメント決勝は村上対決になりました。
攻めまくって7,8本シュートを打ったジェフ村上でしたが枠をとらえられず、キックインとカウンターで2点を決めた村上ユナイテッドが勝ちました。両チームとも5試合よく走りました。

20171001_04

試合のあとはドリブル競争とじゃんけん大会がありました。
ドリブル競争の説明をされたあと、
「え?ひとり10回やんの?」と言った村上SCの選手に気がついたジェフ千葉の太郎コーチに、「だいじょぶか?チームで10回だかんな。村上だけわかってねぇよ、やべぇな(笑)」とツッコまれてたね。コーチも父母たちも大ウケでした。

20171001_03

大会運営していただいたジェフ千葉市原のみなさまありがとうございました。試合の合間にドリブルの相手などしていただいて子どもたちもとても楽しんでいました。
主催のロックアイスのみなさま、とても楽しい大会でした。ありがとうございました。
サポーターのみなさま、本日も熱い応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

練習試合(4年生)

2017/9/30(土)村上小学校にて成田FCさん・千城台FCさんを招いての練習試合を行いました。
4年生13名、3年生5名の計18名の選手が参加しました。試合形式は8人制(15分)。

来週行われる市民大会を想定して試合にのぞみました。

▼ブルー
[4年]キコユ、ショウタロウ、ソウゴ、ホウセイ、リョウスケ
[3年]オギワラ、カイト、ジンセイ、マサタカ、ユウセイ

①vs 成田FC
0 – 3

②vs 千城台FC
0 – 3

③vs 成田FC
0 – 4

20170930_01

・守備について
『相手より先に考えて動こう』

相手選手がトラップして、ドリブル準備を整えるのをじっと見て待ってしまう場面が多かったです。
相手がトラップしないように、ボールが来そうな場所を予想して先に走ってさわる。
トラップされても、前を向かれる前に相手に近よってドリブルをはじめさせない。
相手より先に考えていないとやられちゃうね。(見聞色の覇気を鍛えよう。)

・攻撃について
『取られることだけを考えない。自分たちが攻める。』

「取られたら取り返す」というのはとても重要だけど、これは攻撃から守備への切り替えのときに重要なこと。
攻めのときに全員が「取られたら取り返す」と思っているとどうなると思う?
先頭のフォワードがドリブル、あとの7人が取られたら取り返そうとしてそのうしろでフォロー。
すると、フォワードは相手全員をドリブルで抜かなきゃゴールにたどりつけないよね。
それに7人がうしろにいるからパスもうしろにしか出せない。つまり前に進めない。
みんなで前に進むためにはどうしたらいいのか、普段の3vs3の練習でたくさん練習しているはずだよ。思い出してね。

ポジションの位置や役割についてはだんだん理解できてきてるように思います。
特にキコユはボールがないときに周りを見て、相手フォワードを探したり、味方のポジションがはずれているところをフォローしたりができてるね。毎試合上達していってると思うよ。グッドです!
まだ迷ってしまう選手は、どこでどういうときに迷うのかをチームメイトやコーチに聞いてみてください。一緒に考えよう。

▼レッド
カズマ、ケンシン、ケンスケ、タイシ、ナルミツ、ユウリ、リヒト、レオ

①vs 千城台FC
1 – 1
ケンスケ

②vs 成田FC
1 – 0
ケンシン

③vs 千城台FC
3 – 2
ケンシン、ケンスケ、リヒト

20170930_02

それぞれが連動していて、いいプレーがつながったね。
リヒトが中央でうばってボールを左右に大きくに開いたレオやケンシンにパス、少しドリブルで運んで相手に囲まれる前にFWケンスケへパス、オフサイドにならないように横を気にしながら走ったケンスケがシュート。
それぞれの役割がうまくつながったイイ形の1つができたね。イイ形は1つだけじゃないのでみんなのアイデアでいろいろやってみて作っていきましょう。

ディフェンスも全員が高い位置まで押し上げて相手のスペースをなくしていました。困った相手が蹴ってくるロングボールはきっちりとマイボールにできてたね。
サイドバックがあがっていったときのユウリのポジション・指示、マイボールにしてからのパスもよかったです。カズマ、ナルミツの戻りのダッシュもよかったよ。

キーパータイシのボールへの反応やゴールキックもよかったです。前に出る判断、ディフェンス陣への指示、これからもっとできるようになっていこうね。

攻撃に関しては試合後にも各コーチから話したように、サイドハーフが中央により過ぎると詰まっちゃうということを意識してみてください。
サイドハーフは中央によらずにサイドにひらいてパスコースを作っておく。センターハーフは1対1負けずにうばってパス(スペースがあいていればドリブルでもいいよ)をする。こうすると2人の力が100%出せるよね。
どうしても相手のセンターハーフが強くって2人で止めなきゃ止められないと思ったら、中央による。という判断をするのもいいけど、そこでうばっても味方も相手も人数が多い状態だから、ドリブルしづらいよね。どうしたらいいか考えてみてね。

守備に関しては、チーム全体で攻守の切り替えが遅かったときと、集中力がすこし下がったときの失点が目立ったね。
攻撃参加してあがっていったけど、タッチラインから出て相手スローインになったら、「あ~、出ちゃった~。村上山の方までころがっちゃったよ。あ~。」じゃなくて「やべっ、すぐ戻んなきゃ」だよね。すぐに切り替えよう。
集中力、むずかしい言葉だよね。こういう風に考えてみよう。
集中力0「今日の夕飯、カレー食べたいな。あ、チョウチョ飛んでる。今、何時だろう」
集中力30「相手コーナーキックだ。守んなきゃ。」
集中力50「相手コーナーキックだ。マークしなきゃ。◯番マークする。」
集中力100「相手コーナーキックだ。さっき、あのキッカーのコーナーキックめっちゃ飛んだな。ゴール前守んなきゃ。あ、◯番は背が高い。ナルミツ、◯番マークして。オレはこのすばしっこい●番をマークするぞ。コーチがボールと相手を両方見える位置って言ってたな。絶対先にさわるぞ。相手ボールになっても、シュートを打たれる前に体をよせよう。」

集中力50ぐらいじゃ、たぶん入れられちゃうよね。試合が終わりに近づくと集中力が下がってきちゃうけど、
試合中は常に集中力100でいられるように、練習から頭を使ってサッカーしましょう。

2407240824092410

最後は各チームごちゃまぜで交流試合をしました。ポジションも選手だけで決めてスタート。
ホームチームだからか、みんなが成長したからかいつもより楽しめていたみたいだね。
審判も選手にやってもらいました。審判体験したユウリ、リヒト、ソウゴ、ナルミツどうだった?
主審をやってくれた成田FCのT君もありがとう。
最後の最後に選手40人vsコーチ10人をやってみました。盛りあがったね!結果は選手チームが1点取って勝ちでした。くやしい。

20170930_05

成田FCのみなさん、千城台FCのみなさん、お越しいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
サポーターのみなさん、お手伝い・応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

練習試合(4年生)

2017/9/16(土)岩名球技場にて練習試合が行われました。
4年生12名の選手が参加しました。
試合形式は8人制、15分一本。

・参加選手
イツキ、カケル、カズマ、キコユ、ケンスケ、ソウゴ、ホウセイ、ユウタ、ユウリ、リヒト、リョウスケ、レオ

1試合目 村上SC 0 - 1 白銀T-REX

2試合目 村上SC 2 - 1 レグルスFC
得点:リヒト、レオ

3試合目 村上SC 0 - 2 成田FC

4試合目 村上SC 0 - 4 船橋KSC

5試合目 村上SC 0 - 3 大久保東SC

6試合目 村上SC 1 - 3 白銀T-REX
得点:ユウリ

7試合目 村上SC 0 - 3 レグルスFC

8試合目 村上SC 5 - 1 成田FC
得点:カズマ、ユウリ、ユウリ、ユウリ、ケンスケ

20170916_01

20170916_02

20170916_03

20170916_04

いつもきれいな人工芝が気持ちの良い岩名での、6チーム集まっての大練習試合!! 15分の試合を、なんと8試合も!!
沢山ゲームが出来たので、色んなポジションを試してみたり、同じポジションで何試合かやってみたり。

みんな、少しずつ、ポジションの役割とか、ボールを持っていない時に何をしたら良いかとか、プレー中も色々と考えてるのがコーチにも分かりました。
カズキコーチに気合入れてもらった効果もあって、色んなチャレンジもできてたね、イツキ、ソウゴ、ドリブル頑張ってたね~、キコユも相手のボールを取りやすいタイミングを狙って、相手はイヤがってたね~。
リョウスケみたいに、途中で「もっと試合に出たい!」って声も沢山聞こえて、コーチも一緒にやってて、とても楽しかったです。

ユウリ、最後の試合でのハットトリックを含めての4得点の大活躍! カズマのドリブル突破からのゴールもお見事、リヒトは利き足と逆の右足でのゴールが決まったね、スゴイ!
ケンスケも良いポジショニングでのナイスゴール!!

インフルエンザからの病み上がりの池田コーチも、こっそりマスクをして応援に駆け付けてくれてました。

20170916_05

最後のご挨拶、みんなすっごく大きい声が出てたね!
そのとき、白銀の山田コーチもおっしゃってたけど、「その大きい声、ゲーム中に聞きたかった~!!」。
今度のゲームでは、もっともっと色んな声掛けをして、大騒ぎ出来ると、もっとサッカー楽しいと思うよ! ガンバりましょう!!お疲れ様でした!!

お誘いいただいた白銀T-REXのみなさま、対戦チームのみなさま、ありがとうございました。
応援いただいたサポーターのみなさま、ありがとうございました。

文:二宮コーチ

リヨンリーグ 第4節(4年生)

2017/9/3(日)本埜スポーツプラザにてリヨンリーグ 第4節(1試合)と練習試合が行われました。
4年生14名の選手が参加しました。
試合形式はリヨンが8人制(15-5-15)、練習試合が20分一本。

・参加選手
カケル、カズマ、キコユ、ケンシン、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、ホウセイ、ナルミツ、ユウタ、ユウリ、リヒト、リョウスケ、レオ

20170903_1

20170903_2

20170903_3

20170903_4

リヨンリーグ 村上SC 0 - 3 FCボレイロ成田

前半 FWカケル  MFカズマ・ユウリ・ケンシン DFリョウスケ・ホウセイ・ユウタ  GKタイシ
後半 FWケンスケ MFナルミツ・リヒト・レオ  DFキコユ・ソウゴ・ユウタ  GKタイシ

リヨンリーグの最後の試合。前半はカケルがなるべく下がらない事、DF陣は粘り強く追う事、頑張ってたね。リョウスケ、抜かれてももう一回追い付いてやろうと頑張ってたね!後半、リヒトとケンスケのコンビネーションで大きいチャンスを作ったけど、惜しくもゴールにはならなかったね。キコユ、ユウタもしつこく追ってて、ソウゴも腕が痛いのを良く耐えて頑張ってました。
結果は負けてしまいましたが、もう一息、惜しい試合でしたね~。

練習試合
1試合目 村上SC 1 - 2 酒々井B

FWタイシ MFリヒト・ユウリ・ケンシン DFキコユ・カズマ・ホウセイ GKユウタ
得点:レオ

前の試合の後半から、「オレ、攻めで出たい!」とアピールしていたタイシが最前線で走り回り、中盤でもケンシンのプレス、ユウリ、リヒトのドリブルと、頑張ってました。ユウタはゴールキックが元気無かったね、一回失敗しても、次からも思いっきり蹴れる、気持ちの強さを持ってほしいな。
この試合のヒーローは途中出場のレオ、フィールドに入るや否や、ドリブルで相手のプレスをしっかりと耐えて、交替からわずか30秒でゴール!!!キープ力、取り返す気持ちがすごく出てたね、ナイスプレーでした!

2試合目 村上SC 0 - 6 酒々井A

FWリヒト MFリョウスケ・ケンシン・ソウゴ DFカケル・ナルミツ・ケンスケ GKレオ

酒々井Aさん、強かったね~。前の試合とも共通するけど、ディフェンスラインの押し上げが足りなかったので、ピンチを招く回数が多かったね。まだみんなサッカーをそんなに知らないから、ディフェンスラインの押し上げがなんで大事なのか、練習とかで一緒に考えて行こう!

3試合目 村上SC 0 - 0 印西
FWケンシン MFカズマ・タイシ・ホウセイ DFキコユ・ユウリ・ユウタ GKレオ

試合前、カズキコーチからは、「負けてても顔を下げるな!気持ちで負けない奴がホントに強い奴だぞ!」と言う話があり、二宮コーチからも「チャレンジして来な、取られたら取り返して」と言う話がありましたが、みんなどうだったかな?
疲れてたと思うけど、みんな良く走ってました。

ちなみに二宮コーチがスゴイな、と思ったのは、自分が副審をやったときの印西さんの後半のGKの子。本当に本当に、試合の間ずーーーーーっと指示、アドバイス、応援の声を、メッチャ大きい声で出し続けてました。
そのおかげで、フィールドのみんなも色々気が付いてプレーできて、励まされて元気が出て、すごく良いチームになってるな、GKの声掛けはこんなに効果が有るんだな~、と感心しました。

文:二宮コーチ

池田コーチから
これにて村上SC4年のリヨンリーグ日程はすべて終わりました。
結果1勝7敗 得点3 失点36 でした。
みんなはこの結果をどう受け止めますか?
そしてどのように次にいかしていきましょうか?
たくさん考えましょう

運営チーム、対戦チームのみなさま、本日もありがとうございました。また練習試合や大会などでお手合わせ願えればと思います。

サポーターのみなさま、だんだんとフォーメーションぽくなってきたサッカーはいかがでしょうか?
こどもたちもとまどいながら、コーチの話を聞き、実際に練習や試合で動きを試している子が増えてきました。
こどもたちは話すことでアイデアや改善点が思いついたり、記憶が定着しますので、たくさん話を聞いてあげてください。
今日も熱い声援、誠にありがとうございました。

練習試合(4年生)

2017/8/26(土)村上小学校にてジョカーレFCさんを招いての練習試合を行いました。
4年生13名の選手が参加しました。試合形式は8人制(15分)。
・参加選手:イツキ、カズシ、カズマ、キコユ、ケンシン、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、ホウセイ、ユウタ、リヒト、リョウスケ、レオ

①vs ジョカーレFC
0 – 6

②vs ジョカーレFC
0 – 3

③vs ジョカーレFC
0 – 6

④vs ジョカーレFC
1 – 3
リヒト

IMG_7461 IMG_7537 IMG_7541 IMG_7544 IMG_7562

練習試合ということで、フォーメーションについていつもより意識して試合にのぞみました。
今日のフォーメーションは「3-3-1」。ディフェンダーが3人。ミッドフィルダーが3人。フォワードが1人で3-3-1といいます。
ディフェンダーは守り中心の人。バックともいうね。
ミッドフィルダーは攻めも守りもする人。ハーフ、ミッド、中盤ともいうね。
フォワードは攻め中心の人。トップともいうね。

スポーツやゲームを楽しむにはいろいろと言葉をおぼえないといけないよ。

なぜでしょうか?想像してください。
「ナイヤ」「ガイヤ」の意味を知らない人とドッジボールできるかな?
「グー」「チョキ」「パー」の意味を知らない人とジャンケンできるかな?
できないよね。

だから、ルールや用語はおぼえて!!!
自分の頭に言葉をおぼえさせることは、コーチや他人にはできないんです。
もちろん、意味がわからない言葉はどんどんコーチに聞いてね。「聞いて、おぼえる」
図書館でサッカーの本を借りて読んだり、サッカーのテレビを見るのもいいね「見て、おぼえる」
おぼえるためにサッカーノートに漢字の書き取りみたいに書くのもいいね「書いて、おぼえる」
そして、おぼえたことを忘れないように、次の日、3日後、1週間後にもう一度おぼえなおす。

ルールや用語以外にも、動き方もおぼえていきましょう。
今日おぼえてほしかったのは、ディフェンダーがさがりすぎてミッドフィルダーとのあいだをあけちゃうと、
スペースがあきすぎて相手がドリブルなどで攻めやすくなっちゃうこと。
だから、ディフェンダーは下がりすぎないこと。これができれば失点も減るし、得点も増えるとても大事なことです。
練習や試合で聞いたりやったりしたこともおぼえる。
これをつみ重ねて、4年生のうちにたくさんサッカーをおぼえましょう。

IMG_7504
↑めっちゃ説明するコーチたち

 

二宮コーチからも一言。

自分のポジションでどこにいたら良いのか、どう動いたら良いのか、すごくとまどっていた子が多かったと思います。
サッカーでは、その一瞬、すぐに動けるか、それともとまどっちゃうか、によって、ボールを取れるか、チャンスに出来るか、ピンチを防げるか、4年生になるとすごく差がつくんだよね。

「とまどい」をしないでプレーできるには、どうしたら良いかな???

ところで、この日、二宮コーチは練習試合で初めて「主審」をやってみました。
どこにいたら良いのか、どう動いたら良いのか、メチャクチャとまどいました。
みんなと一緒です。

二宮コーチが「とまどい」をしないで主審ができるようになるには、どうしたら良いかな?

とりあえず、2つやろうと思います。
1つ目。 たくさん経験する。やってみる。
2つ目。 たくさん頭を使う(覚える)。 覚えるために、どうやったら良いか、上手な人のお話を聞く。 上手な人の動きを見て、盗む。

IMG_7561

最初の質問に戻ります。
みんなが「とまどい」をしないでプレーするには、どうしたら良いかな??

いっしょに頑張りましょ~!!

ジョカーレFCの皆様、お越しいただきありがとうございました。
村上SCサポーターの皆様、応援ありがとうございました。

IMG_7451

文:池田コーチ、二宮コーチ

千代田ライガーSC招待(4年生)

2017/8/11(祝)岩名競技場にて千代田ライガーSC招待サッカー大会が行われました。
試合形式は8人制(予選リーグ15分、決勝トーナメント15分ハーフ)。
参加選手:カケル、ケンシン、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、タイシ、ナルミツ、ユウリ、リヒト、リョウスケ、レオ(応援)

1試合目 村上SC 0 - 3 城西
スタメン : リョウスケ(FW)、ケンシン・リヒト・ユウリ(MF)、カケル・ナルミツ・ソウゴ(DF)、タイシ(GK)

立ちあがり結構良かったけど、だんだんと村上はお団子サッカーになっちゃったかな~。タイシのファインセーブもあり、
リョウスケも前線で頑張ってましたが、残念ながら初戦は敗北となってしまいました。

2試合目 村上SC 0 - 4 千代田ライガー
スタメン : リョウスケ(FW)、ケンシン・リヒト・ユウリ(MF)、カケル・ナルミツ・ソウゴ(DF)、タイシ(GK)

ライガーさん、強かったですね~。相手はポジション取りがしっかりしているので、サイドから攻撃され、そっちに村上の選手が集まると、
中央が手薄になって苦しくなるパターンが多かったですね。ディフェンスラインを上げたり下げたりで、みんな悩んでたかな。

3試合目 村上SC 3 - 2 レグルス
スタメン : ナルミツ(FW)、ユウリ・ケンシン・タイシ(MF)、ケンスケ・リヒト・カケル(DF)、ソウゴ(GK)
得点:ケンシン、タイシ、ケンスケ

ポジション交替で気分一新?、1点目はケンシンの個人技、2点目はユウリ~ケンシン~タイシと繋いでのファインゴール、
3点目はリヒトがバイたるゾーンで相手にプレッシャーをかけて、ボールを奪ったケンスケがゴール。
それぞれ違ったパターンで3点リード出来ました。
試合の後半では結構攻め込まれ、1点差に迫られましたがどうにか逃げ切り、本日初勝利!!

1勝2敗、予選3位で決勝トーナメントへ。

1試合目(予選2位 vs 3位) 村上SC 0 - 3 城西
スタメン : リョウスケ・ケンスケ(FW)、ショウタロウ・ケンシン・ユウリ(MF)、リヒト・タイシ(DF)、ソウゴ(GK)

前半0-2、後半もう1点追加され、残念ながら予選と同じスコア―で城西さんに敗れてしまいました。
みんな良く走ってたけれど、疲れて来ていたせいか、一発で取りに行くディフェンスが多かったかな~。ボールを奪える事も
あるけど、かわされるとピンチになる場面では、粘りのディフェンスも必要だね。

2試合目(3位決定戦) 村上SC 0 - 3 レグルス
スタメン : リヒト・ショウタロウ・カケル(FW)、タイシ・ユウリ(MF)、ナルミツ・ケンシン(DF)、ケンスケ(GK)

3位の座をかけての最終戦、相手は午前中に勝っているレグルスさんでしたが、、、パスカットやこぼれ球を常に狙っている
リヒト、周りが良く見えているユウリ、ショウタロウ、GKのケンスケもすごい良かったし、一人一人のプレー、頑張って
ましたが、前半0-1、後半も2点を奪われ、残念ながら敗れてしまいました。

20170811_07

結果、村上は4位、他のチームに選んでもらう各チームのMVP、村上はケンシンでした!さすが!!
優勝はライガーさん、2位の城西さんチームの選手、何人か悔し泣きしてました。

閉会式の後、土田コーチ、二宮コーチからお話がありましたね。
土田コーチからは、みんな、出るもの出た?他のチームは、負けて悔しいって泣いてるけど、みんなはどうなのかな?
やっぱり、ボールを取られたら絶対に取り返してやるとか、そう言った気持ちがもっと一人一人に出て来ないと、これからの
村上も、なかなか良いチームになれないと思うよ、と言うお話がありましたね。

二宮コーチからは、サッカーのルールとか、ポジションのコツとか、土曜日、日曜日の練習だけでは、コーチたちも全部
教える事は出来ないんだよね。だから、一人一人、もっとサッカーに興味を持って、自分で考えて欲しいな~、例えば
今日みたいな大会だったら、他のチームの試合を見て、良いプレーとか、ポジショニングとか、盗んでほしいんだよね~、
と言うお話がありましたね。

今回、あえて「お団子ディフェンス」の証拠写真をいくつかのせちゃいます!
8人制の広いフィールド、敵が攻めてきているサイドにこれだけ村上の選手が集まってると、ゴール前とか、どうなってるかな?想像してみて下さい!!

20170811_01
対城西さん お団子ディフェンス

20170811_02
対ライガーさん お団子ディフェンス

20170811_03
対ライガーさん ケンシン頑張れ!

20170811_04
対レグルスさん お団子ディフェンス

20170811_05
対レグルスさん タイシのドリブル

20170811_06
対レグルスさん パスワークからのタイシのゴール

考えること一杯だけど、だからサッカーは面白いと思うよ~、みんなで頑張って行きましょう!

招待いただいた千代田ライガーの皆さま、対戦チームの皆さまありがとうございました。
サポーターの皆さま、本日も応援ありがとうございました。

20170811_08

文:二宮コーチ

練習試合(4年生)

2017/7/30(日)岩名球技場にて白銀T-REXさんにお招きいただき練習試合を行いました。
4年生10名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15-5-15)

・参加選手
カズシ、カズマ、キコユ、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、ナルミツ、リヒト、リョウスケ、レオ

①vs 白銀T-REX
0 – 0

②vs 七栄FC
0 – 0

③vs FC根郷
0 – 5

170819_0003170819_0004170819_0006170819_0009170819_0010170819_0013170819_0015170819_0018

今回のというか、今回もテーマはチームワーク。
いきなり試合で練習以上の事は求められませんので、チームの仲間として、一員として個人個人が何が出来るかをよく見ていました。

主力メンバーが何人か欠席の中、試合を通していい意味でビックリでした!
取られたら取り返す、ルーズボールに積極的に関わる姿勢が素晴らしかった!
最後の根郷さんとの試合でも相手エースのS君にも臆することなく喰らいついてました。
やればできる子たちです、気持ちが入っていればがんばれる、楽しめるを自身たちで表現してくれました!

試合にのめり込むあまり、自分のポジションから大きく離れてしまいそこからチャンスを作られる事もたくさんあったけど、よりボールに関わろうとする姿勢がチーム全体に見られました! 1番大切な事です! べリグー!!

結果として3試合で2引き分け1敗でしたね。
途中で皆に、引き分け2回って大会だとどういう事になるかなぁ?
と聞いたところ、勝ち点2!と答えられた子はほとんどいませんでした。。

その辺りも普段の練習、試合の中でちょっとした座学を取り入れて行こうと思います。

このチームの大きな課題はメンタル面です。練習風景から、
気持ちが優しすぎる、
自分からアクションを起こすのが恥ずかしい、
みたいなところが往々にしてあります。

「あいさつ・ドリブル、自分から!亅

これからも求めて行きます。

Jpeg

お招きいただいた白銀T-REXの皆さま、対戦チームの皆さま、ありがとうございました。
サポーターの皆さま、応援ありがとうございました。

文:土田コーチ

リヨンリーグ 第3節(4年生)

2017/7/29(土)本埜スポーツプラザにてリヨンリーグ 第3節が行われました。
4年生12名の選手が参加しました。
試合形式は8人制(15-5-15)

・参加選手
カケル、ケンシン、ケンスケ、ソウゴ、タイシ、ホウセイ、ナルミツ、ユウタ、ユウリ、リヒト、リョウスケ、レオ

①vs ソレイユ明青 ラテール
0 – 3

②vs ソレイユ明青 レガロ
0 – 1

「ボールに先にさわる」という気持ちが弱い・おそい試合だったね。
たぶんみんなは「ボールに先にさわる」気持ちは”あった”と言うと思います。
コーチ達は気持ちが”ない”とは言ってないんだよ。

気持ちがあっても、相手よりも気持ちが弱かったらどうなる?
強い気持ちがあっても、それを動きに出せないとどうなる?

気持ちが弱いから、動きが相手より”弱い”。だから、ぶつかったとき相手に取られちゃう。
気持ちを動きに出すのがおそいから、動き出すのが相手より一瞬”おそい”。だから、先に相手にさわられちゃう。
強い気持ちが必要だね。

でも、気持ちだけがあってもダメだからね
「うぉー!やるぞー!うぉー!絶対負けないぞ!うぉー!」
↑この選手、試合のときどうなりそう?

「うぉー!浮き球なら落下地点を予測してすぐ行こう。1vs1になったら負けない気持ちでぶつかるぞ!仲間が取りそうならすぐにパスがもらえる位置に動こう。ゴールがあいたらシュート、前があいたらドリブルするから先に周りも見ておこう。声も出すぞ!よーし、やるぞ!」
↑この選手はどうなりそう?

サッカーにはいろいろなことが必要です
小学校4,5,6年はいろんなことをすぐに身につけられるチャンスタイムです(ゴールデンエイジといいます)
たくさん身につけていきましょう

コーチに言われたことを何も考えずにやるだけでは身につかないよ
自分で身につけようと考えながらやらないと身につかないからね

午後からは練習試合の予定でしたが、ゲリラ豪雨に見舞われました。
他のチームがタープに隠れる中、村上はみんなで雨の中へ。びしょ濡れになって楽しそうだね。
P_20170729_123529 P_20170729_123541

雨がやんでからはチームごちゃまぜの試合で楽しみました。

運営チーム・対戦チームの皆さま、ありがとうございました。
サポーターの皆さま、雨の中お疲れさまでした。応援ありがとうございました。

文:池田コーチ

夏合宿(4年生)

2017年7月15日~17日。初合宿!
みんな数か月前から楽しみにしていた日がやって来ました。

集合後すぐに出発。バスでは、いろんなルールのじゃんけんやナゾナゾをしたり、
川を越えるたびに「茨城県入った?」「茨城県入った?」と聞いてみたり、
「けんしん」と書かれた看板に異常に反応してみたり、テンション高く楽しそうでした。
コーチとしては車酔いする子がいなくてホッとしました。

お世話になる宿舎のスタッフ皆様にあいさつ。
例年は大部屋2つとのことでしたが、今年は9人部屋の割り当てだったので、
4年生を3班に分けて、5年生と同室になりました。

部屋で昼ごはんを食べてからグラウンドへ!

170726_0025
お世話になるグラウンドにあいさつ。
さっそく裸足になってダッシュ~!足の裏が気持ちいい~!
170726_0028

今回の合宿では得点力アップのためのシュート強化をテーマに練習をしました。
まずはPK合戦!
去年の夏ごろもシュート強化の練習をよくやっていたんだけどおぼえてるかな?
そのころタイミングも合わないし、足を当てる場所も合わなくて、なかなかうまくいかなかったナルミツが、1年でとても強いシュートがうてるようになったね。
たくさん練習している成果だね。自信をもってこれからも続けてね。
去年とあんまり変わらないなぁと自分で思う選手は、もっとたくさん蹴りましょう。
シュート力あげるのはシュートするのが一番の近道だよ。
ただし、何も考えずにシュートするのは、近道なのに寄り道してるのと同じです。
足首の伸ばし方・固め方、軸足の位置、腕のふり方などポイントを意識して蹴りましょう。
たくさん蹴れば、自分がどういう風に蹴れば強いシュートになるのかわかってくると思います。
170726_0034170726_0036170726_0039170726_0040170726_0044170726_0048170726_0051170726_0058170726_0060170726_0061170726_0062

PKのあとは、ポストシュートやセンタリングからのシュート。
そしてミニゲームをやりました。
天然芝のグラウンドと青空の開放感でいつもより楽しく盛り上がったね。
170726_0032

はじめての全体での夕食。残さず食べれたかな?
170726_0076

この日は香川選手所属のドルトムント対浦和レッズがテレビで放映されていました。
得点やファールのたびに他の部屋へ行き「興梠(浦和レッズのコウロキ選手)決めたぞ!!」と言いまわったりしてものすごく盛り上がってました。
170726_0067

そして毎年恒例のサッカーテスト。コーチもやりましたが、結構むずかしい…。
テーブルを出してみんなでやる部屋、見せ合わないようにひとりずつ分かれてやる部屋、部屋ごとに個性がありました。
170726_0064 170726_0066
6年生キャプテンと5年生2人、4年からはケンシンとリヒトが最高得点90点を獲得!最終日に柴田コーチからごほうびをいただいていました。

2日目。海への散歩からスタート。
170726_0088

朝食を食べて、グラウンドへ。2日目午前は宮野木SCさんと練習試合。

相手5年生とも対戦して、たくさん点を取られたね。点を取られてイライラしたり、負けてやる気がなくなったりする選手がいたね。
でも、強い相手とやるときこそ、自分たちが強くなるチャンスなんだよ。
むずかしいことに挑戦すること、いろいろな方法を試すこと、それがチャレンジするということです。
チャレンジをするためには、強い相手に本気で立ち向かわないといけないということをもっと理解してほしいな。
170726_0001 170726_0006 170726_0008 170726_0017

おどろきのプレーをした3人を紹介します。
まずはナルミツ。キックオフから右サイド奥深くまで一気にドリブル。
いつもの倍と思うぐらいのスピードで何度もサイドをかけあがっていきました。
たぶん、スペースがあることを見つけたんだろうね。そこをガンガン攻めるプレーとてもよかったよ。
相手に寄られたあとのボールキープはいつもどおりうまいので、次の課題はボールキープのあと、何をするかだね。考えてチャレンジしてください。

つぎにユウリ。ゴール前へ何度も走りこんだり、前線から積極的にプレスをしてくれていました。
試合前に前回のブログを読んだと言ってくれていたので、仲間を信じて走りこむというのを実践してくれたのかと思います。
得点にはならなかったけど、何度かシュートが打てたよね。それだけでチーム全体の気力もあがるよね。それがとても大事です。

そしてカケル。タイシのロングパスをゴール前にスルスルッとあがっていってひろってシュート、ゴール!
自分の武器をいかしたね。相手とカケル、同時にこぼれ球に気づいたらダッシュで先に追いつけるのはカケルでしょ。
ボールを見て、気づいて、ダッシュして、自分のボールにする。これを試合中ずっとやる、その集中力さえつけばもっと楽しくサッカーできるよ。

一度宿舎に戻って、サポーターみなさまからの差し入れをいただいて、昼食。そして、午後の練習へ。

サポーターのみなさま見守る中、2日目午後もPK戦からスタート。
170726_0035170726_0036170726_0037170726_0038170726_0039170726_0040170726_0042170726_0043170726_0044170726_0045170726_0046170726_0047

ポストシュート、センタリングシュートもだいぶうまくなってきました。
差し入れいただいたスイカで水分補給して、ミニゲーム。
1215_xlarge

小さいコートなのでゴールがあいたらすぐシュートの意識。そして、攻守の切り替えをすばやくする意識をしながら充実した内容になったと思います。
今日も最後はPK戦。カケルのお兄ちゃんにキーパーをやってもらって、強く蹴らないと入らないという状況でみんな真剣に蹴りこみました。

宿舎に帰って2日目の夕飯はバーベキュー!
コーチがものすごい勢いで肉を焼きますが、みんなもものすごい勢いで食べて、どんどんなくなっていきました。野菜も食べたかな?
焼きそばやお好み焼きも食べて、みんなのお腹はポッコリでした。いい食べっぷりだったよ。

170726_0057170726_0060170726_0056

3日目も海への散歩からスタート。カニとったど~!
170726_0010

朝食を食べてグラウンドへ。
170726_0015170726_0016

最終日は5年生や米本SCさんと練習試合をしました。
5年生との試合のあと、佐藤コーチから言われたこと、忘れないでください。
「チームになってない」
みんなはどうだった?どう思った?
なぜ言われたのか、意味をよく考えてください。

3日間お世話になったグラウンドにあいさつして宿舎へ
170726_0014

最後のお昼はカレーライス。何度もおかわりする選手も。
170726_0012

荷造りして、部屋をきれいにして、
最後に宿舎のみなさまへあいさつ。
キャプテン6年サトシのあいさつが素晴らしすぎて、コーチは泣きそうになりました。
「僕たち6年生は今まで3年間大変お世話になりました。これからも後ろの5年生4年生がお世話になります。よろしくお願いします。」(うろ覚えですが)
170726_0043

毎回食事の前後のあいさつや、食事の準備や片づけ、6年生のすごさを垣間見ました。
再来年のみんなはもっとすごいところを見せてくれるんだろうなぁと楽しみにしています。

帰りのバスは行きよりは大人しく。寝たり、静かに話したり、それぞれに過ごしながら帰ってきました。
途中サービスエリアでお土産を買って、あっという間に村上へ帰ってきました。

みんな合宿で成長できたかな。たくさんふりかえって両親や友達と話してください。

体調面でも生活面でも大きなトラブルなく過ごせてホッとしました。
保護者の皆様もいろいろと心配だったかと思いますが、みんな結構ちゃんとしてましたよ。
来年も楽しみましょう!

1059_xlarge

文:池田コーチ

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 187
  • Total : 1041372

Powered by WordPress, ログイン