四街道市コミュニティサッカー大会(5年生)

2018/10/8(月)四街道総合グラウンドにて四街道市コミュニティサッカー大会が行われました。
試合形式は8人制(15-5-15)

・参加選手
イツキ、オウタロウ、カズシ、カズマ、キコユ、ケンスケ、ショウタロウ、ソウゴ、タイシ、ユウダイ、リヒト、リョウスケ、レオ

①vs イーグルス
0-4

②vs 中志津FC
0-5

1試合目終わったあとコーチは審判なので、試合後ミーティングは選手のみでやってもらいました。
戻ってきて報告を受けると、ミーティングにほとんど参加してないような選手もいたとのこと。
そのあとのコーチとのミーティングでも
本当に勝ちたいと思っているのか、本当に点を取りたいと思っているのか、聞いても誰も答えない。
別の場所や下を見ながら話を聞く、草や土をいじりながら話を聞く。
コーチたちは本当になやんでしまいました。

Tコーチから宿題が出ました。自分たちはチームをどうしたいのか考えてノートに書くこと。
本当に真剣に考えて書かないといけないよ。
ふざけてたり、てきとうだったりする文章はいりません。
真剣に自分の気持ちを考えて書いてください。
来週見せてもらうのを楽しみにしています。

Iコーチは話を聞く態度について話しました。
去年のリヨンリーグのときも、今年の他の大会のときも、おとといも言いました。
話を聞くときは話をしている人の方を見ること。とても当たり前のことです。
(これもすぐ忘れてしまうのでサッカーノートに書くように言いました。)

5年生もあと半年です。あと半年で村上SCで一番上の学年になります。
「本当に勝ちたいと思っているのか、聞いても誰も答えない。」
「別の場所や下を見ながら話を聞く、草や土をいじりながら話を聞く。」
これがどういうことか本当に真剣に考えてください。

こういう話をしたあとの2試合目は、戦う意思が感じられました。
個々にいいプレーはありましたが、特に後半ラスト近く
DFタイシがうばったけど前に出すパスコースがなくてドリブルで困っているときに
DFイツキが両手をあげて呼んでボールを受けて、左MFショウタロウやリヒトにつながって、また危なくなってイツキに戻してもう一度パスコースを探すという場面がありました。
イツキすばらしい!
みんなこういう場面よく見ているはずです。ワールドカップでも、試合中の相手ディフェンスも、コーンゴール4つドリブル通過の練習でも、見たり・やられたり・やったりしているはずです。
そういうことを実際に自分が試合でやるということが大事です。

2試合目の内容も試合後ミーティングを聞く態度もよかったです。
だけど、今までのいろいろな大会でも同じでした。
1試合目でダラダラやって、コーチにいろいろ言われて、2試合目少しよくなる。
これの繰り返しももうやめよう。1試合目から真剣に戦おう。

主催チームのみなさま、対戦チームのみなさまありがとうございました。
サポーターのみなさま本日も応援・サポートありがとうございました。

文:池田コーチ
(カメラが壊れていたため写真なしです;;)

Comments are closed.

Additional comments powered by BackType

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 56
  • Total : 1082965

Powered by WordPress, ログイン