5ブロック予選(5年生)

5月7日(土)に萱田グラウンドで、5年生初の公式戦に5年生14名1チームで臨みました。
試合の前にコーチが話したのは1点だけ。
ボールを持っていない時に、チームのために何をしたらよいかを考えること。
例えば、攻める際は、ボールを持っている人のフォローに入る。守る際は、メインのディフェンスの人が抜かれた際にフォローに入れるようにする。結果は以下の通りで残念なものでした。

対 大和田セレソン
0-5
前半は、全員一丸となった守りで、何とか食らいついていました。抜かれた際のフォローができていたので得点を防ぐことができました。残り5分ぐらいに1点入れられたところから、徐々にフォローができなくなってしまいました。後半も修正しきれずに最終的には5点失点という結果でした。

対 勝田台ブルー
0-4
すでに、予選突破が絶望的な状況からのスタートとなりましたが、気持ちを強く持つことができませんでした。何度か畳み掛ける攻撃もできましたが、結果得点につながらず。

この試合を見てもらった総監督からは、厳しい言葉をもらいました。
全力でプレーをしているか?全力でプレーをしている人としていない人がいる。全力でプレーをしていない人は全力でプレーをしている人に迷惑をかけているということを自覚すること。攻めているときにボールを取られた追いかけない。守りは自分の仕事ではない?
このような考え方を変えていかないと、いつまでたってもこのような試合が続いてしまいます。
技術の問題ではないです。気持ちの問題です。もう一度立て直していきましょう。

今回のMOMはさとし。2試合を通して全力プレーを貫いていました。

Comments are closed.

Additional comments powered by BackType

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 1
  • Today : 59
  • Total : 1065116

Powered by WordPress, ログイン