成田山新勝寺杯(6年生)

成田山新勝寺杯(6年生)
【村上SCブルー】 雨後晴 成田市中台運動公園陸上競技場
11月15日(日)に成田SSSさまからの招待で、成田山新勝寺杯少年サッカー大会に、6年生13名、5年生2名(コウヘイ・ユウヒ)計15名で挑みました。この大会はブラスバンドによる行進など、盛大に開会式を行われますが、今年は雨のため室内で小規模に行われ残念でしたが、成田SSS主将の立派な選手宣誓で始まりました。対戦チームは強運をかってリュウノスケが抽選し、県外チームとの対戦になりました。
1回戦: vs 川崎ウィングスFC ×0-3
《戦評》
昨晩から降り続く雨で芝を保護するためにスパイクが禁止され、両チーム共にスベリまくりで立ち上がりは、どちらにころぶか判らない展開。そんな中、相手チームのミスからの大チャンスを逃すと、徐々に相手チームのリズムになり15分コーナーキックから失点。前半0-1。後半もセットプレー等で2失点。結果的には3点とも精度の高いセンタリングからのヘディングで決められました。県大会からの課題(マーク,競り合い等)であり、継続的に練習したい。

敢闘戦; vc FC高津 ×0-2
《戦評》
雨があがりスパイク着用でのゲームになり、両チームともにスピティーな試合を展開。試合前は押されることを覚悟して、しっかり守っていこうと話していたが、蓋をあけると前半は互角の戦い、一人ひとりが気持ちを前面に出し0-0でハーフタイム。後半に入っても試合内容は互角であったものの、開始10分までに超ロングシュートとカウンターで2点ビハインドを追うことになった。ここからバックスを4人から3人に減らし、攻撃的な布陣に変更し村上ブルーの怒涛の攻撃が始まり、決定的なチャンスを幾度か作りましたがゴールならずゲームセット。
高津Aチームに互角の戦いができるところまで成長している。今後は互角の試合で勝ちきれるチームを目指そう。そのためには練習の時は、一人ひとりが常に試合を意識して行うことが大切。例えばシュート練習では相手がいることを想定し、狙ったコースに色々な種類(ゴロ・ラーナー・曲がる)のシュートをしよう。何も考えずシュートをしてゴールに入ったことに満足してはいけない。つまり、もっと高い目標をもつこと、君たちはもう出来るレベルまできていると思う。

成田SSS関係者の皆様、この度はお招きを頂き有難うございました。
本日もサポーターの皆様にはお手伝いに応援にと誠にありがとうございました。次こそ勝利をプレゼントしますので、今後とも宜しくお願い致します。

Comments are closed.

Additional comments powered by BackType

入部案内

入部案内

対戦チーム募集

村上SCでは、各学年とも対戦チームを募集しています。お問合せは下記リンクよりお願いします。 問い合わせ

QRコード

QRコード
携帯からもアクセスできます。

書庫

アクセスカウンター

  • Now Visiting : 0
  • Today : 95
  • Total : 1083221

Powered by WordPress, ログイン